cinco - ナゲッツ戦【NBA_Pacers】

2020年01月21日 11:51

昨日のナゲッツ戦。
ここから5試合のロードトリップの開始となります。

第3Qまでのペイサーズはあまり良い動きが出来ていませんでした。
ナゲッツペースで試合が進むものの、ちょっと追い上げてはまた
離されて、を続けていました。

しかし第4Qに入り、ジャスティンとマクダーモットの3PTで89-91と2点差へ。
更にマコーネルからのナイスアシストをもらったマクダーモットが
レイアップを決めて同点。

お互いに決めあって95-97とリードされた所で
マクダーモットが3PTを決めて98-97、この試合初のリードを奪います。

ドマスがオフェンスリバウンドを取り続け、チップイン、
グラントにも決められますが、ドマスがリング正面からの
シュートを決めて102-99。

プラムリーにFTを与えますが、2本ミス。ここでもドマスが右手での
難しいフックを決めてリードを5点に広げました。

ヨキッチを止められず、FTを2本決められましたが、
マクダーモットがここでも3PTを沈めます。ここで試合を決めたい所ですが、
バートンに3ポイントプレイを決められて107-104。

決め続けないと苦しくなるというこの場面。
なんとブログドンが突っ込んでダンクを決めます。
クインも絶叫していました。

プラムリーがゴール下に入ってきた所でターナーがファウル。
先ほど2本外していたプラムリーなのでこのファウルは正解。
実際に1本しか決められなかったので残り36秒で109-105。

その後、ブログドンとウォレンがFTを2本ずつ決め、
更にファウルゲームとなりますが、115-107で勝利。

ドマス 22pts、15reb、10astでキャリア初のトリプルダブル。
10本目のアシストとなったクリティカルな3PTを決めた
マクダーモットは24pts中、第4Qだけで18ptsの大活躍。

それに加えてブログドンとウォレンが22ptsを取り、
4人が20ptsオーバーという高水準のバランスアタックでした。

ナゲッツはハリス、マリー、ミルサップを欠いており、
ヨキッチを止める事も出来ませんでしたが、勝ちは勝ち。
2007年以来となるデンバーでの白星となりました。

IND 115 - 107 DEN

関連記事


New