tres - サンズ戦【NBA_Pacers】

2020年01月24日 12:39

ウォレンがINDに来て初のフェニックスでの試合。
ゲームハイの25点だけでなく、元チームメイトのブッカーに対しても
良いディフェンスを見せました。

「色んな感情があったけど、試合が始まってしまえば関係無い。
 集中するだけだった。」と格好いいコメントを残しています。

途中でブログドンがターナーの肘が当たってしまい額から出血、
3針縫って試合に戻りませんでしたが、マコーネルとアーロンが
しっかりと不在をカバー。

安定のドマスもエイトンをものともせず24pts、13rebの活躍でした。
一方のサンズは3PTが絶不調で4/20。ペイサーズは9/20で
ベンチスタートのマクダーモットが2本、ジャスティンが3本と
良く決めてくれました。

ラムは相変わらずトンネルから抜け出せていませんが、
ターナーは今日ディフェンスで相当良い仕事をしたと思います。
4ブロックの他に、スタッツに残らない所でも身体を張っています。

これでロードトリップを2勝1敗として残り2試合。
それが終わればあのお方が帰って来ます。

次のGSW戦、ブログドンは脳震盪の症状で欠場が決まっていますが、
GR3との対決を楽しみにしつつも、サムナーの出番が増えると思うので
こちらも期待していきたいです。

IND 112 - 87 PHX

関連記事


New