ペイサーズvsマブス スクリメージ No.2【NBA_Pacers】

2020年07月27日 08:57

スクリメージ2試合目は
アーロン・ホリデー
マルコム・ブログドン
ビクター・オラディポ
TJウォレン
マイルズ・ターナー
というスターターとなりました。
ドマスは離脱しましたが、ターナーが復帰。
ゴガについては膝を痛めており。まだ数日は出てくる事はないとのこと。
練習もできていないそうなので再開シーズンも序盤は
間に合わないかもしれません。

一方のマブスはルカ・ドンチッチ、セス・カリー、
ティム・ハーダウェイJr、ドリアン・フィニー・スミス
マキシ・クレバーがスタートでポルジンギスは欠場。

朝5時に起きることができなかったので見逃し再生ですが、
ダラス側の放送しかなくて残念。

オラディポが最初のシュートを決め、ターナーは
3PTラインのフェイクからレイアップを決め、
ブログドンはドライブで点を取ります。

しかし6−15とマブスペースで試合が進みました。
ウォレンがフリーの3PTを決めるとベンチで立ち上がるゴガとナズ。
観客がいない中、ベンチが盛り上げていくのは重要なお仕事です。

3PT平均成功数15.3でリーグ2位のマブスは立ち上がり4/5で
決めてきて9−18とリードを広げます。最初のタイムアウト後、
ターナーをサンプソン、アーロンをジャスティンに替えました。

オラディポのスティールからのレイアップやサンプソンのミドルで
19−22と追い上げますが、ゴール下のボバンを防げず。

そのボバン越えのタフショットをウォレンが決めると、
マブスはいつのまにかデロン・ライトが出場していました。
トロント時代からお気に入りの彼は、出てきてすぐにナイスアシストを
見せていました。

ウォレンとマクダーモットが交代し、マコーネルとサムナーも出てきます。
仕上がっているジャスティンが3PTを決めますが、ダラスもすぐに返してきます。
マコーネルが素早い動きでレイアップを決めますが、再び3PTを決められ26−34。

最後にジャスティン・ジャクソンに3PTを決められ、26−37で第1Q終了。

第2Q
ジャカーとターナーが相手インサイドのオフェンスを連続でブロックし、
サムナーがファストブレイクでレイアップを決め、INDの良さが少し出ました。
やはりターナーのディフェンスは必要です。

そのターナーがドライブからフェイク、ターンからのレイアップを決め、
ディフェンスではクレバーのレイアップを防ぎます。
更に3PTを沈め、好調をアピール。

クレバーの連続3PTの後、3番にも3PTを決められダラスの3PTは10/15。

INDはスターターを戻すと、オラディポが3PTを決めて40−48。
更にターナーをスクリーンで使って少し遠い位置から再び3PT。
スティールからの早いオフェンスで45−50と追い上げてタイムアウト。
スターターに戻した所から勢いを掴めるのは良いですね。

この時点でファストブレイクポイントが4−13と大きくリードしていました。

ボバンのリバウンドからTHJの3PTが決まりますが、すぐにオラディポも返します。
前の試合はシュートタッチに苦しみましたが、今日は5/6で13pts。
ウォレンもフローターを決めて50−53にします。

オラディポがドライブから3PTラインで待つブログドンへパスを通し、
見事に決め切るブログドン。自らの得点だけでなく、周りを活かせる時の
オラディポは調子が良い証明かもしれません。

外からのシュートだけでなく、仕掛けてからのパスを続けるオラディポ。
これだけできるなら、再開シーズンも出てもらいたいと思うレベルの
プレイを続けるオラディポ。

ウォレンも相変わらず正確にショットを決め、残り2分を切った所で
ブログドンのレイアップが決まり60−60と同点に追いつきます。

前半のラストショットはブログドンに託しましたが、リバースレイアップはミス。
60−64で前半が終わりました。

調整ということだけを考えるなら今日はオラディポはもう下げても良いくらい上々でした。

第3Q
8点連取でさらっと逆転したと思ったら、すぐに同点に追いつかれ、
アーロンのフローターをきっかけにまたリードを広げていきます。
オラディポがブログドンとうまく合わせたり、自ら3PTを決め、
ファストブレイクでブログドンのレイアップが決まり79−72。

第3Qに入ってもクリバーの3PTは好調。
ドンチッチも特別目立っていないのに時折うまい動きを見せ、
後1アシストでトリプルダブルという活躍。
いつのまにか20点も取られていました。

ウォレンもオフェンスリバウンドからのミドルを決めて20ポイント。
アーロンからブログドンの合わせが決まって87−79としてマブスがタイムアウト。
その後マブスが少し詰めて92−86で第3Q終了。

第4Q
マコーネル、サムナー、マクダーモット、ジャスティン、ジャカーでスタート。
マコーネルがミドルに転びかけてからのナイスアシスト、更にもう1アシストを
決めて102−92としました。

残り7分を切り、TJリーフが登場。
本来このチーム状況であれば控えビッグマンとしてチームを
支えてもらいたいところなのですが、現状この役割しかもらえません。
なんとか奮起してもらいたいところです。

一つ良い動きを見せましたがオフェンスファウルを取られて得点ならず。
アルゼイ、ナズ、ボウエンも出てきて、ほぼサマーリーグメンバーで
クロージングタイムを迎えることになりました。

INDはシュートが決まらずミスも多く、106−102と少しずつ詰められていきます。
その後も得点を決めることができず、2点差にされますが、サムナーが
なんとかレイアップとアンド1を決めて109−104。

するとバレアに3PTを決められて2点差となりますが、
またしてもここでサムナーが3PTのファウルをもらいます。
これをしっかり3本決めるのがサムナーの偉い所。

そこからのクロージングはサムナーを中心にしっかりとできました。

118−111でスクリメージ2連勝。
今日の試合は手応えを少し感じたのではないでしょうか。

スクリメージは後1試合。
その次はとうとうシーズン再開です。
関連記事


New