再開初戦を振り返る【NBA_Pacers】

2020年08月02日 22:01

今日のシクサーズ戦、細かいスタッツまでチェックできていなかったので
初戦くらいはみんなの事に触れておきたいと思います。
それくらい素晴らしい試合でした。

ジャスティン・ホリデー 38min 6pts(2/9) 4stl
 スクリメージほど安定した活躍はできませんでしたが、
 4番ポジションという事でベン・シモンズのディフェンスマッチアップを
 やってくれただけでも十分。身長4インチ差で体重差もあるので
 ポストを守るのは難しかったですが、今のINDには彼が頼りでした。

マイルズ・ターナー 20min 9pts 2reb 2blk
 ファウルトラブルでほとんど仕事をさせてもらえませんでしたが、
 第4Qには3PTを決めたり、我慢してディフェンスもよく付きました。
 ファウルアウトは残念ですが、尻上がりだったと信じたいです。
 ウォレンのラストショットをベンチで大喜びしていたのを見て
 まだまだ大丈夫だと思いました。

アーロン・ホリデー 34min 15pts 5reb 10ast
 ウォレンの陰に隠れていますが、超合格点のアーロン。
 ブログドン不在はかなり痛手でしたが、その穴を見事に埋めました。
 ターナーに活を入れられる性格も良し。

ビクター・オラディポ 32min 15pts 7reb
 FG6/14とそこそこでしたが、32分は今シーズン最多時間。
 シーズン不参加の表明からここまできました。
 今日はウォレンがすごかったのでそこまでシュートを打つ必要が
 ありませんでしたが、次戦からはウォレンへのディフェンスの意識が
 高まるでしょうし、そこをうまくオラディポが攻めていければ
 スタッツ自体は伸びてくるのではないでしょうか。
 今日は無理に3PTに逃げることがほぼなく、しっかりとドライブを
 仕掛けられていたので本人としても調子は良いのかもしれません。
 また体調を見てday to dayになるのだと思いますが、
 彼がチームにいてくれるのはやはり心強いです。

TJリーフ 9min 4pts 4reb
 良いところも悪いところも出ましたが、エンビードに対して
 ダンクをしかけて決めたあのプレイだけでも今日は満足です。
 スクリメージの時から心配ばかりで、今日もハンブルだらけでしたし、
 シュートも決まりませんでしたが、それでも7本打ったのは合格。
 リバウンドに絡み続けるシーンもありました。
 もうちょっと自信を持ってプレイできたら何か変わるかもしれません。

ダグ・マクダーモット 18min 10pts
 得意の3PTは決まりませんでしたが、うまいカットや
 ドライブで貴重な10点を稼いでくれました。
 シューターでありつつアスレチックに動けるので助かります。

ジャカー・サンプソン 20min 4pts 6reb
 早々に出番の来たサンプソン。6−7の身長の彼が
 7フッターのエンビードのマッチアップをするのは
 かなり厳しいことだと思いますが、頑張ってくれました。
 チームトップの+20は彼の気合いの現れかと思います。

TJマコーネル 17min 10pts 3reb 8ast
 ボールへの執着心と、得点力とアシスト。
 元シクサーズのマコ隊長は立派な仕事をしたアーロンへの労いを
 忘れないチームの支柱の一人。本当に良い補強をしました。

エドモンド・サムナー 13min 1pt
 FTによる1ptのみでしたし、何のスタッツも残せませんでしたが
 エンビードへのパスミスに絡み、エンビードが派手に転び(演技込み)
 その後エンビードとミルトンが揉めるというシーンがありました。
 INDのディフェンスの良さから出たパスミスだったので
 チーム状況を崩すという意味では転機となりました。

天才 41min 53pts 4reb 3ast
 またの名をTJウォレンという彼。
 FTたった4本で50点オーバーはなかなかの偉業ではないでしょうか。
 3PT 9/12、FG 20/29という超高確率のオフェンシブマシーン化。
 ベン・シモンズ相手に多くの点を取っていたということで
 褒めているツイートも見かけました。
 長い空白期間から再開初戦でキャリアハイを大幅に更新とは天才の所業。

     
関連記事


New