シーズン再開 Game3/8:マジック戦【NBA_Pacers】

2020年08月05日 20:33

昨日からの連戦でマジック戦。
今日はオラディポが出場。

ターナーのミドルから始まり、ウォレンのスティール、
ブログドンのレイアップとINDらしくない良いペースでスタート。

アーロンも視野も良く、ウォレンの3PTを演出し7−0スタート。
そのアーロンも3PTを決め、開始2分少しで10に乗せました。
すぐにウォレンが2本目の3PTを決め、ディフェンスでは
アーロン・ゴードンを止めていました。

天才ウォレンからパスを受けたアーロンが2本目の3PTを決め、
3−16になった所でマジックがタイムアウト。
チーム全体にウォレンイズムが漂っていました。

なかなかシュートを打てなかったオラディポの3PTも決まり、
スターター全員が得点を決めました。

オラディポは2連続イリーガルスクリーンを誘発してボールを奪う中、
今日もシュートを落とさない天才ウォレン氏。
マジックも徐々にシュートを決め始めますが、ペイサーズも
高確率で決め続け、22−43で第1Q終了。
ウォレンがFGパーフェクトで17pts、
オラディポがドライブを見せてくれたのも好印象でした。

第2Q
マコーネル、サムナー、マクダーモット、ジャスティン、サンプソンでスタート。
INDの天敵テレンス・ロスに対して良いディフェンスを見せるサムナー。
このQはマコーネルが得点を量産。

スターターを戻し、少し点を詰められた所でマクミランがタイムアウトを要求。
それでも41−57とリードは二桁をキープしていました。

残り4分頃、イワンドゥの靴が脱げ、そちらに意識が集中している間に
ターナーがプットバックダンクを決めましたが、全く盛り上がらず。
いや、すごいプレイだったはずだったのにかわいそう。
オラディポも自分のリズムで得点を加え、ターナーが今度は3PTを決め、
ウォレンのスティールからのレイアップで46−66。
再開してから初めてアクティブリストに入った
ゴガ・ビターゼの出番が回ってくる事を期待し始めました。

第3Q
50−71で始まった後半、INDはゴールを決めることができず、
8−0のランでタイムアウトを取りました。

アーロンのフローターで後半ようやく点を決めたペイサーズ。
ウォレンも少しFG%が下がり始めますが、ターンアラウンドから
アンド1のレイアップを決め、上手いところを見せてくれました。
お互いにファウルが多く、試合がよく止まりましたが、
ファウルトラブルでゴガが出てくるという展開にはならず。

76−92と少し差を詰められて第3Q終了。

第4Q バブルに入ってから良いプレイを続けるサンプソンが連続得点。
目立ちはしませんが、たまに見せるアグレッシブダンクや
献身的な働きはチームの助けとなっています。

テレンス・ロスに2連続で3本のFTを与えるという恐怖を味わいますが、
サボニス一家の家族紹介VTRが間に挟まり、子供の頃の
天使ドマンタスがINDファンの心を救いました。

その後、ウォレンは今日も30点を超え、ターナーも3PTを連続で決めたり、
ゴガやリーフが¥を出せるような楽な展開にはなりませんでしたが、
109-120で再開後3連勝。

ORL 109 - 120 IND

ウォレンはジャーメイン・オニールと並んで
連続した3試合の合計で119点という球団タイ記録を達成しました。
この状況で自分の殻を破るだけでなく、フランチャイズ記録の更新まで
達成していく天才ウォレン。
次は古巣サンズとの対戦。両チームとの3連勝で迎える直接対決となります。

個人的にはウォレンが抑えられてしまったとしてもブログドンや
オラディポがその穴を埋めてくれれば全く問題ないと思っていますが、
ここまで来たらトレードした事を後悔させるくらい大爆発する
ウォレンが見たいです。

関連記事


New