プレイオフ 1stラウンド:ゲーム4 ヒート戦【NBA_Pacers】

2020年08月25日 08:51

ドマス合流に向け(プレイするかは未定)負けられないゲーム4。
オラディポが出だしからドライブに3PTとアグレッシブに攻めますが、
中盤からポロリが多くなります。それでも前半で14pts。

ターナーは11pts、7reb、2blkと攻守にわたって頑張りますが、
FTを2/6と落とし続けました。
ベンチポイントがマクダーモットの3PTのみというスターター頼みの前半でした。

ペイサーズはウォレンが左手の親指を痛めて一旦下がりましたがコートに復帰。
ヒートはバトラーが肩を痛めて前半は戻らず。
代わりにプレイタイムの増えたオリニクが11pts、5rebと点を重ね、
このシリーズ初登場のケンドリック・ナンにも早速3PTを決められました。
これまでの3試合と比べ、5/16とペースこそ落ちていますが、
それでも今後決めてくると手がつけられなくなりそうです。

リバウンドも11の差をつけられており、オフェンスを8個も
取られてしまっています。せっかく外してくれているので
リバウンドからしっかり得点に繋げていきたいですね。

後半、首と左肩辺りを気にしながらもコートに戻ったバトラー。
ドラギッチの3PTが決まり、42−51。ここはウォレンが3PTを返しますが、
ロビンソンからアデバヨのアリウープを決められ、更にクアウダーの3PTが決まり、
45−56と少しづつ離されていきます。

1対1のオフェンスで攻めざるを得なくなるINDと、ボールがよく動くMIA。
ブログドンからウォレンへのナイスパスが出て、苦しいながらも良いオフェンスが
できたあと、オラディポが3PTを沈めて54−62。

MIAのタイムアウト明け、オラディポがスティールし、ドライブから
ブログドンへのキックアウト、3PTを決めて57−62と8−0のランを成功させます。
アデバヨにFTを決められまた点差が開きます。

ターナーのドライブはバトラーのテイクチャージで潰され、なかなか追い上げられず。
しかしMIAのオフェンスをなんとか止め、ターナーのイージーバスケットで59−64。
オラディポが3PTを決め、62−66。
ヒーロにターンアラウンドからのユーロステップで2点を決められます。

ウォレンの3PTに対してヒーロのファウルという笛が吹かれましたが、
これにスポルストラがチャレンジ。これはウォレンの脚が伸びてたということで
チャレンジ成功。3本のFTはなくなり、ウォレンのオフェンスファウルということに。

ファウル取り消しじゃなくてオフェンス側につけられるんですね。。。

第3Q最後もサムナーがイグダラに抑えられていたのにファウルが吹かれず、
MIAの得点が決まり62−70で終了。

第4Q、お互いにごたごたした後、ターナーが3PT決め65−70。
直後にドラギッチのレイアップをターナーがブロックしましたが、
少し間に合わずゴールテンディング。
ターナーは自信満々でチャレンジ要求し、マクミランも応えましたが、
判定はテンディングでした。

ジャスティンからターナーへのナイスパスが通りますが、
ドラギッチも簡単に得点を取ってきます。

ナンにもFTを決められ、残り9分で67−76。
するとここで4ポイントプレイを決めるブログドン。
71−76と再び5点差へ。

しかしヒーロとドラギッチにミドルを決められ9点ビハインド。
うまいこと得点を決め続けることができません。

中まで攻めることが出来ず、外から打つしかできませんが、これが決まらず。
オラディポが3PTを決め舞うが、ドラギッチを止めることができず。
ウォレンがインサイドに攻め込み、アンド1を決めて79−86。

イグダラの3PT、ヒーロのうまいミドルが決まり追い詰めることのできないIND。
残り4分13秒、81−91で10点ビハインド。

ターナーのブロックが実り、ウォレンが3PTを決め84−91。
更にファウル付きで4ポイントプレイとなり、85−91。
タイムアウト明け、MIAに3回もオフェンスリバウンドを取られ、結局失点。

スティールからオラディポがFTを獲得し、2本決めて87−93。
残りは2分を切りました。更にスティールし、オラディポがドライブしますが、
ハンブルしてMIAボール。試合を通してオラディポがボールを
手に収めることが出来ず。苦し紛れに打ったブログドンの3PTも外れ、打つ手なし。

ファウルゲームとなりますが、お手上げ状態。
いくつもの不運な笛はありましたが、確実にMIAが格上でした。

最終戦でINDに負けて5位に下がり、ドラフト順位を5つあげたのもお見事。
ドマス不在でオフェンスが個人技一辺倒になってしまったのもありますが、
バトラーだけでなく、全員にやられました。
ロビンソンやヒーロもすごかったですが、ドラギッチでしたかね。
全盛期のスティーブ・ナッシュ並みにやられた印象です。

シクサーズはシモンズ、ペイサーズはドマスを欠いてプレイオフスイープ。
バブル再開後の試合展開によってBOS、MIA、IND、PHIがどこと当たるか
変わってきたと思いますが、結局どこと当たってもINDは厳しかったように思います。

エンビードと当たらず、ターナーが落ち込むことなくシリーズを
戦えたのは良かったのかもしれません。
アデバヨ相手に(ここ大事)22pts、14reb、5blk。
チームとして特に終盤のリバウンド意識の低さは気になりましたが、
ビッグマン実質一人の中、よく頑張りました。

最終戦、ベンチポイントがたったの3点に終わり、
ラプターズの100点とは別次元のレベルであることも露呈させたIND。

マクミランとの契約延長は済んでいますが、
オフェンスのコーチのテコ入れをしないとプレイオフに出るだけ出て
1stラウンド敗退チーム止まりで終わってしまいそうです。

シーズンを通してフルメンバーの揃わなかった今シーズン。
ジャスティンとの再契約を期待したいですが、おそらく難しいと思うので
サムナーにその役割を担ってもらいたいです。

複雑なシーズンでしたがお疲れ様でした。

IND 87 - 99 MIA

関連記事


New