マイルズ・ターナーにもトレードの噂?【NBA_Pacers】

2020年09月30日 08:25

オラディポに続きターナーのトレードの噂も活発になってきました。
オラディポと共に行きたいという説もありますが、それを決めるのはフロント。
全ての噂の信用度に関しては無視して考えておきたいと思います。

ターナーをドラフトした年、ラリー・バードが
「チーム1のシューターだ」と称した通り、シュートがうまいです。
アーチの高いシュート、優れたブロック能力、並みのリバウンド力、
ルーキーシーズン以来成長し続けるヘアースタイル。

今や実際に対面したことのある唯一のペイサーになってしまいましたが、
本当にナイスガイです。

もしペイサーズがトレード候補とした場合、ロケッツをはじめとして
10チーム前後が興味を持つと言われているターナー。
その価値があるとわかっただけでも十分ではないでしょうか。

彼が他のチームに行った場合、たまに見せる不可解なプレイに
そのチームのファンが寛容に見守ってくれるかが心配であり、鍵となりそうです。

HCも決まっていない中、オラディポもターナーも急いで
トレードする必要もありません。
オラディポに関しては仕方ないかなと思う部分もありますが、
前から言われているターナー・ドマスの共存問題については、
それを活かせるヘッドコーチを招聘するべきかと思います。

スーパースターを呼べない中、IND独自の強さを探す方が
プレイオフでの勝利に繋がるような気がします。

評価が高い内に見返りをゲットしてしまうというのは
うまいやり口だとは思いますが、ディフェンスで抜かれても
ターナーがいるとい安心感は他のプレイヤーでなかなか補えるものではありません。

しかし、インディアナにはジョージアの未来、ゴガ・ビターゼが
控えています。彼がNBAデビューの数試合ブロックを量産したり、
バブルではレブロンをブロックしたりと可能性は秘めています。

ふわふわ感は若干ターナー似のところがありますが、
個人的には期待しています。

トレードよりも先にコーチが決まる方が安全かと思います。
そこでトレードが起こったのなら新しいコーチの方針と
フロントの意思が同じということでファンも納得しやすいかと。

関連記事


New