ペイサーズの新ヘッドコーチにネイト・ビヨークレン【NBA_Pacers】

2020年10月21日 06:22

ネイトHCを解雇してネイトHCを招聘。

ラプターズのアシスタントコーチを務めていた
ネイト・ビヨークレン(Nate Bjorkglen)がインディアナの
新しいヘッドコーチになってくれるとのこと。

優勝チームのコーチングスタッフであり、スーパーポジティブという
人物像が第一に上がってくる紹介が多く、ターナーにとって
大きな転換となることを期待したいです。

ラプターズのニック・ナースとは25年以上の付き合いだそうで、
ビヨークレンが19歳の時、サウスダコタ大のアシスタントコーチをしていたのが
ニック・ナースだったようです。

その後2007年から2011年までアイオワ・エナジーで
HCとACで一緒になり、2011年にはGリーグ優勝(当時はDリーグ)を
果たしています。GリーグとNBAを制覇した初のアシスタントコーチでも
あるそうです。

NBAアシスタントコーチ歴
15−17シーズン:サンズ
18−20シーズン:ラプターズ

正直他のチームのACの手腕までは分からないので
どんな作戦を見せてくれるのか想像もつきませんが、
ラプターズ時代にはナースに責任のある仕事も任せてもらえていた様子。

ACとHCでは立場も違いますが、これまで彼がしてきた
仕事をここでもすることができればチームにとってこの上ない
選択となるかもしれません。

ひとまずHCが決まったので一安心です。
これからチームがどう動くか、また楽しみです。

ビヨークレンさん、ペイサーズをよろしくお願いします。

関連記事


New