2020年トレード解禁日【NBA】

2020年11月17日 16:07

バックス - キングス
MIL獲得 Bogdan Bogdanovic
SAC獲得 Donte Divincenzo,、Ersan Ilyasova、DJ Wilson

バックスの再構築が止まりません。
ボヤンとのボグダノビッチの争いで激闘を見せたキングスのボグダンを獲得。
こちらはサイン&トレードになるそうです。

差し出すのはブログドンの後を継いでバックスを支えると思っていた
ディビチェンゾ。イリヤソバとDJウィルソンの3対1のトレード。

ヤニスを残す為にバックスの本気が伺えます。

11/19 追記
ボグダン・ボグダノビッチがトレードの話を聞いていなかったという事で
サインしない可能性が出てきたとのこと。

11/21追記
イリヤソバはウェイブされ、ボグダンはFA解禁初日には動かず。
ホークスのオファーシートにサインするという噂がありました。
こちらのトレードは破断となりました。


=====
バックス - ペリカンズ
MIL獲得 Jrue Holiday
NOP獲得 Eric Bledsoe、George Hill、20年24位指名権
     将来の1巡目指名権×2、指名スワップ権×2

ペイサーズフロントが望んでいたかは分かりませんが、
ジャスティン、ドリュー、アーロンの3人を同一チームで揃える夢が消えてしまいました。
ヤニスが残る限り、1巡目指名権の上位は見込めませんし、
ミドルトンを動かさずにドリュー・ホリデーを獲れたのは悪くないのでは。

ドリューのサラリーは残り2年で26Mと27Mの2年目がPO。
ブレッドソーは残り3年で16.8M、18M、19.3M、
ヒルは残り2年で9.5Mと10M。
ヤニスが来オフにFAとなりますが、ブレッドソーの長期契約がなくなることで
その後も動きやすくなりそうです。

ヤニスに出て行かれたら再建までに少し時間がかかりそうですけどね。

MILがブレッドソーではなく、ブログドンを選択していたら。。。

11/21追記
2チームとトレードからナゲッツ、サンダーを巻き込んだ大きなトレードへ。

=====
ロケッツ - ブレイザーズ
HOU獲得 Trevor Ariza、20年16位指名権、21年プロテクト付き1巡目
POR獲得 Robert Covinton

ハーデン、ウエストブルックが移籍希望を出していると言われるロケッツが
トレードで動きを見せました。ハーデンは残したい意向らしいけど
本人が大金を放棄してでも他に行きたがっているとか。

=====
サンダー - サンズ
OKC獲得 Ricky Rubio、Kelly Oubre Jr.、Ty Jerome
     Jalen Lecque、22年1巡目指名権
PHX獲得 Chris Paul、Abdel Nader

トレード解禁初日にビッグトレード。 バブルで8連勝のサンズがクリス・ポールを獲得。
エイトン覚醒が見込めそうです。


CP3の契約は20−21が41M、21−22が44Mでプレイヤーオプション。
ルビオは17Mと17.8Mの残り2年、ウーブレは今年が最終年で14.3M。
CP3がプレイヤーオプションを行使した場合、
21−22はブッカーと2人で75Mとなりますが、勝つにはこういった
勝負も必要なのかもしれません。

エイトンやミカル・ブリッジスの成長も期待できそうです。

一方のサンダーはシュルーダー放出が既定路線でCP3に変えて
ルビオとウーブレが加入、ガリナリはFAで2年連続の方向転換となりそうです。

サンダーはこれだけの指名権を抱えているそうですが、
うまく消化できるのでしょうか。。。

関連記事


New