TJウォレンが足底筋膜炎で数週間欠場の可能性【NBA_Pacers】

2020年12月11日 09:48

明日からプレシーズンが始まり、ペイサーズは明後日のキャブス戦が
ネイト・ビヨークレンの初陣となりますが、TJウォレンが足底筋膜炎と診断され
週ごとの出場可否チェックを受けることになったようです。

ドマスが同じ怪我でバブル以降の試合に出場できなくなり、
チームに大きな影響を与えた怪我がまたインディアナに再来です。

幸いシーズン前ですし、プレイオフに出られなくなるよりは
マシな時期ではありますが、ラムも復帰に時間がかかる中、
いきなり主力メンバーが欠けるのは少し不安です。

サムナーやキャシーに出番が回ってくる可能性がありますし、
ゴガがずっと悩まされていたという膝の痛みがなくなったという
良い兆候もあります。

ジャスティンが残ってくれたのがかなり助かりますね。

また、2-way契約のブライアン・ボウエンが股関節の負傷で
6−8週間欠場とのこと。
怪我がこれ以上続かないことを願います。

関連記事


New