プレシーズン全敗と開幕ロスター【NBA_Pacers】

2020年12月20日 11:52

キャブスと2回、シクサーズと1回のプレシーズンは全敗で終え、
開幕ロスターも確定しました。

シクサーズ戦はスターターが出ていた時間までは良い形が見られましたが、
控えの時間になってから徐々に負けモードへ。
それでもルーキーのキャシアス・スタンリーは楽しいプレイを
見せてくれました。

そのキャシーへ見事なアリウープパスを出していた
ナズ・ミトゥルー・ロングですがウェイブされてしまいました。
また、キャンプ要員だったジョシュ・グレイ、デビン・ロビンソンもウェイブ。
アミダ・ブリマーとレイション・ハモンズもカットウェイブされており、
これでロスターは15人+2人の2-way契約で計17名となりました。

改めて20−21シーズンのロスターを整理。

ビクター・オラディポ 21M
マルコム・ブログドン 20.7M
ドマンタス・サボニス 19.8M
マイルズ・ターナー 18M
TJウォレン 12M
ジェレミー・ラム 10.5M
ダグ・マクダーモット 7.3M
ジャスティン・ホリデー 5.7M
TJマコネル 3.5M
ゴガ・ビターゼ 2.9M
アーロン・ホリデー 2.3M
エドモンド・サムナー 2.1M
ジャカール・サンプソン 1.6M
ジェイレン・レキュー 1.5M
キーラン・マーティン 1.4M

2-way契約
キャシアス・スタンリー
ブライアン・ボウエンII

(モンテ・エリス ストレッチ分 2.2M)

計132.846Mで保証確定分が129.878M。
タックスラインが132.627M。

サラリーが完全保証となるのは2/25とのことなので
これまでに人員整理を行うとサラリー回避が可能らしいです。

少しオーバーしていますが、かなりギリギリのところで
ロスターを固めてきたペイサーズ。

また元INDのTJリーフ、アルゼイ・ジョンソンも
ロスター確定前にウェイブされてしまったとのこと。
アルゼイは残念ですが、ラプターズは渡邊君を残すかもしれないということで
そこを勝ち取ったのはすごいことだと思います。
今年はロスター枠が少し緩くなるそうなので
ぜひとも残ってNBAでの試合に出てもらいたいです。

関連記事


New