気持ちを入れ替えて挑むグリズリーズ戦【NBA_Pacers】

2021年02月03日 10:37

11勝9敗で迎えたホームでのグリズリーズ戦。
失意の大逆転負けからどのように立て直してくるのか。

ジャスティン、ブログドンが立て続けに3PTを決め、ジャスティンが
更に1本追加で2−9スタート。しかしその両名が開始1分半で1つずつファウル。
ブログドンの無理やりドライブで2点を追加。
ターナーとラムは3PTを外し、6−11となったところで、
ターナーがフリーのドマスへパスを出してイージーレイアップ。
MEMがタイムアウト。

ターナーがスティールし、今度はドマスからターナーへパス。
ファウルをもらいます。ブログドンがボールを失いかけますが、
ターナーが3PTを決めてリカバーに成功。
しかし3ポイントプレイを決められて9−16。

ジャスティンが2つ目のファウルを取られますがコートに残ったまま。
またしても時間ギリギリのオフェンスとなりますが、今度はラムがFT獲得。
ドマスがミスしたフックを自ら拾ってプットバックダンク。
更に3PTを決めて15−25とリードを広げます。

ラムに替わりマコネル投入。いきなりインバウンドのスティールを狙っていきます。
早速マコネルtoジャスティンの合わせが決まると、2回目のインバウンドで
スティール成功。ターナーのダンクを演出し15−29でMEMがタイムアウト。

オフェンスリバウンドを与え、スティールもされますが、2点の失点で済みました。
マクダーモットもゴール下への良い動きでイージーレイアップ。
ターナーに替えて前の試合好調だったアーロン投入。

しかしMEMにフリーで打たれることが増え、ペイサーズはターンオーバーが増え
23−33と点差が少し詰まった所でINDがタイムアウト。

アーロンのミスをゴガとマクダーモットが救い2点を決めますが、ジャスティンが3ファウル。
サムナーではなく、ラムを再投入するビヨークレン。
再びターンオーバーからモラントのレイアップで27−35となりますが、
最後はマコネルがミドルを決めて10点リードで1Q終了。

悪くはありませんが、どこか危うさを感じる終わり方でした。


2Q、引き続きセカンドチャンスを与えますが、
INDもセカンドチャンスからラムが3PTを決め、
更にロングレンジの3PTも決めて36−48。

ドマスからのパスが防がれそうになりますが、マクダーモットの
ナイスキャッチでレイアップ。プットバックをされたら
ドマスもプットバック返しで38−52。

相手のオフェンスリバウンドをもっと抑えていきたい所です。

タイムアウト明け、スティールからドマスのインサイドで得点。
3PTとタフレイアップを決められ43−54になりますが、ブログドンの
3PTミスをターナーが広い、ドマスがFTを獲得。
残り5分7秒、43−56で3ファウルのジャスティンをコートに戻します。

早速ディフェンスが成功し、ブログドンがリバースレイアップ。
更にドマスがオフェンスリバウンドを2回広い、放り投げたボールがリングに
吸い込まれ43−60。リバウンドの意識が格段に上がっている気がします。

ドマスが2本目の3PTを決め、46−65。
しかしジャスティンが4つ目のファウル。
モラントのドライブをターナーがブロック、気づかない内に3つ目でした。

ドマスが再びプットバックを決め、FG9/10で22pts、11reb。
オフェンスリバウンド4が光ります。

モラントがボールを運ぶ所をマコネルとターナーで囲みジャンプボール。
今日はモラントに目立つ活躍を許していません。(今の所)
INDポゼッションとなり、ターナーがゴール下でフリーのドマスを見つけイージーバスケット。
最後はMEMにも決められましたが、50−71で前半を終えました。

前半スタッツ
ドマス 24pts、11reb
ターナー 5pts、5reb、3blk
ブログドン 13pts、3ast
ラム 8pts、4reb
ジャスティン 8pts
 マクダーモット 9pts、5reb
 ゴガ 2pts


3Q、ブルックスの3PTが決まり、ブログドンもお返しの3PTで再開。
ドマスのキックアウトからターナーも3PTを決めていきます。
ターナーが2点を追加し、4つ目のブロック。
両チームともに接触に対する笛が鳴らず、INDは2TO。
ラムが3PTを決めてリードをキープすると、更にもう1本決めて63−87。

ブログドンがモラントに激しいブロックを食らうと、ラムが3PTを追加。
ターナーがリバウンドを取り、ブログドンにパスしますが、
全く見ておらずターンオーバー。そこから3PTを決められる始末。
気を緩めて良い時間ではありません。

残り4分を切り、72−94となった所でジャスティン、ターナーを
マコネル、マクダーモットと交代させます。

MEMに勢いが出始め、リードが18点まで削られた所でINDがタイムアウト。

ブログドンがレイアップを決めると、ドマスのスティールからのファストブレイクで
再びブログドンがレイアップ。
リバウンド争いでMEMボールとなるとなぜかビヨークレンがテクニカル。
色々溜まっていたものが爆発したようです。
ミルトンにタフ3PTを決められ80−98とすると、
2度あることは3度あるブログドンのレイアップで100点に乗せます。
マコネルがスクリーンをうまくつかいレイアップを決めて80−102でMEMタイムアウト。

モラントのドライブを防ぎ、ドマスがゴール下で見事にファウルをもらい、1点追加。
再びモラントで攻め、今度はファウルをもらうことに成功。
しかし何故かそのモラントがテクニカルを取られ、INDが1点追加。

最後はメルトンのチャレンジ3PTに対してのファウルが吹かれ、
3本のFTが与えられて85−104で3Q終了。


4Q、プレッシャー強めのゾーンできますが、ターナーが2点をねじ込み、
MEMのターンオーバーから再びターナーが得点。
ターナーがブルックスのドライブをブロック。
直後のモラントのドライブもブロックとはなりませんが防ぎます。

そのモラントは再びターナーに向かっていき、今度はFT獲得して2点追加。
残り8分30秒を切り、93−113となると、ターナーのアグレッシブなオフェンスでFT獲得。
1本外しますが、その後もレイアップを決めてくれました。

アーロンが3PTを決め、95−119。 相変わらずブルックスが決め続けますが、再びターナーがレイアップ。
そしてマコネルが再びインバウンドボールをスティールしかけますが、
惜しくも線を踏んでいてMEMボールへ。ここでINDがタイムアウト。

リードを広げられないながらも、20点のリードを保つIND。
もっとゴガの姿を見たいですが、ドマスとターナーをコートに残すビヨークレンHC。

ジェンのダンクをブロックにいったターナーでしたが、ファウルの判定。
残り4分12秒、ターナーを残し、サンプソンがコートに入ります。
それほどまでにシクサーズ戦の大崩れが効いたのでしょうか。

3分5秒、ようやくゴガ、サムナー、マーティンが登場。
しかし特に見せ場はなく、サンプソンやゴガがFTで得点を決め、
116−134で試合が無事に終わりました。

MEM 116 - 134 IND
ドマス 35min、32pts(キャリアハイタイ)、13reb、5ast
ターナー 32min、22pts、11reb、3ast、5blk
ブログドン 29min、23pts、7ast
ラム 27min、19pts、5reb、3ast
ジャスティン 31min、10pts
 マクダーモット 23min、11pts、5reb
 マコネル 29min、6pts、3reb、7ast、4stl
関連記事


New