連戦でナゲッツ戦【NBA_Pacers】

2021年03月05日 11:16

連戦でホームに帰ってナゲッツとの試合。

開幕ターンオーバーで11−2といきなりビハインドを背負い、
開始2分でタイムアウトを取るコーチビヨークレン。

リバウンドを取りセカンドチャンスを得るものの、雑パスで走られて
13−2と2分半で二桁ビハインドという思いスタート。
ターナーがセカンドチャンスから得点を取り、昨日よりは
リバウンドを頑張ってくれそうな印象を受けます。

その後ペイサーズが12−0のランで13−14と逆転。
更にブロックからの3PTとターナーが早くも8ptsで4点リードとなりDENタイムアウト。

ドマスも自らのミスをプットバックし、攻守でリバウンドを頑張るIND。
17−23となり、マコネルとサムナーを投入。

ボールも人もよく動き、クインも褒めていました。
しかし終盤は停滞し、28−29の1点リードで1Q終了となりました。


2Qはマコネル、サムナー、ラム、ジャスティン、ターナーでスタート。
足がとまり、リバウンドも取れず、相手エンドからのスローインで
ノーケアのフリー3PTを決められるというディフェンスのまずさが露呈。
DENの動きのあるオフェンスに攻められ、42−36と走られます。

リバウンドからの得点も多く、なんとか離されずについていくINDでしたが
次第に点差を離されていき、残り2分で57−45と12点ビハインドへ。
そのまま詰める事ができず、61−52で前半終了。

ドマスが3/12の6ptsと低迷する中、7/9で17pts、7rebと奮起するターナー。
ブログドンも2/7と昨日の好調をキープできていませんが、全体的にリバウンドの
意識が高く、見ていてフラストレーションがたまりません。
3PTを9/16と決められている中で、自分たちが6/21と確率の低さが目立ちますが、
ここを修正できればもう少し形になってきそうな気がします。

後半はDENのターンオーバーからスタートし、マクダーモットがレイアップ。
INDのオフェンスが連敗時の様な人が動かないオフェンスに逆戻りしかけますが、
ディフェンスからの得点で少し点差を詰めてDENがタイムアウト。

ブログドンのミドルで68−63とすると、スティールからブログドンが決めて3点差へ。
更にマレーのレイアップをターナーがブロックし、ジャスティンのコーナー3で68−68。
早い段階で同点に追いつく事ができました。

しかしそこから6−0のランを食い、INDがタイムアウト。
ボールマンに集中しすぎて他の動きに対応できず。
マレーに連続で決められて10点ビハインドまで広げられますが、
82−74で3Q終了となりました。


4Qはマコネル、アーロン、サムナー、ラム、ドマスでスタート。
なかなか詰められずに時間が過ぎていき、8−0のランで95−81と広げられ、
INDは点を決める事ができず、更に4点を失い99−81。

一桁差までは詰めたものの、攻略の糸口はつかめず敗戦。
リバウンドも頑張っていましたし、ディフェンスもそこまで悪くなかったと思いますが、
それでも決めてくるDENが強かったです。
マレーとヨキッチに加えて、ポーターJrの存在が非常に厄介でした。
IND-DEN.png
DEN 113 - 103 IND
関連記事


New