大雪、高地、ナゲッツ戦【NBA_Pacers】

2021年03月16日 12:09

大雪の為、移動が遅れて試合時間も1時間遅くなったペイサーズ対ナゲッツ。

リバウンドをもうちょっと頑張りたい1Qの入り方でしたが、
DENのシュートが落ちず、いきなり二桁のビハインドを背負うIND。
しかしセカンドユニットに変わるとディフェンスも引き締まり、
外からのシュートが入るようになり32−32の同点。

ゴガ対ヨキッチの夢のマッチアップで割と良いディフェンスを見せたゴガ。
ルバート起点になる事も多く、ブログドンとの違いを構築中。

2Qゴガはディフェンスはまだ継続、走り込んでのレイアップを決めて
3ポイントプレイまで見せてくれました。
前の対戦では出てこなかったアルゼンチンのスター、ファクンド・カンパッソも登場。

DENのシュートがまた外れなくなり、35−44と9点ビハインドになったところで
INDがタイムアウト。しかし特にメンバーを入れ替えず再開。
3PTにフリーのダンクとやりたい放題やれられて35−49となると
ブログドンとドマスを戻します。しかし37−54とリードが広がっていきます。

ここから8−0のランで45−57と少し詰めますが、
DENの3PTが10/13の77%と手がつけられず。
守りきれていないのもありますが、決めすぎです。

ターナーがジャーメイン・オニールの54試合連続ブロックの
フランチャイズレコードタイ記録達成もあり、56−65で前半終了。

3Qに入り、ターナーがブロックに見事なドライブからダンクを決めます。
ディフェンスからのファストブレイクでブログドンが3PTを決めて73−72と一旦逆転に成功。
すぐにヨキッチが決めてきますが、今度はターナーの3PTで76−74。
さらにルバートも3PTを決めて5点リードへ。

しかしすぐに4点取られてINDがタイムアウト。
今日もドマスが顔に肘打ちをくらいますがなぜか通常のファウル扱い。
逆だとフレグラント取られるのはなぜなのか。。。

3Qの最後はオフェンスリバウンドを取られ続け、まったくリバウンドの取れない
不思議なプレイを見させ続けられましたが、ターナーを始めとして
しっかりと守りきり、91−87とリードして最終Qへ。
7回もオフェンスリバウンドを取られて8本のシュートを守りきったそうです。


4Q、ターンオーバーから始まり、カンパッソのパスからジャマイカル・グリーンに
3PTを決められ1点差となります。

ドマスのポストプレイを続けている間に逆転され、ドマスが3PTを外しイライラしている様子。
こういう時は無理に個人に任せたくないのですが、チームとしてもうまく高いできず。
再びセカンドチャンスを与えて7−0のランを食らい91−94。
結局ランは止まらず91−99と一気にDENムードへ。
オフェンスでもディフェンスでもドマスのフラストレーションが悪い方向へ。

タイムアウト明けもカンパッソにスティールされ、10点ビハインド。
ドマスのプットバックで5分経過してようやく4Q初得点。
しかし直後に3PTを決められて93−104。
残り5分を切ってこのQだけで2−22と一方的にやられてしまいました。

その後は特に見所もなく、やられるべくしてやられました。

ターナーやゴガのディフェンスの良さが光る良い試合でしたし、
20点ビハインドを逆転できるポテンシャルを見せてくれたものの、
結局また20点ビハインド近い差で終わるというジェットコースターゲームでした。
IND-DEN.png
IND 106 - 121 DEN
関連記事


New