ペイサーズがデッドライン祭りに参加する可能性【NBA_Pacers】

2021年03月24日 14:13

トレードデッドラインが間近になり、いろいろと噂が出てくる中で、
ペイサーズもブログドン、ドマスに対する話は聞く体勢になっているそうです。

今年のデッドラインは現地25日の午後3時ということで
日本時間は26日の早朝4時。

今のINDのチーム状況は決して良いとは言えませんが、
コアメンバーであるブログドン、ドマスを動かすつもりは
ほとんどないと思います。勝手な予想ですが。

話を聞くというのは、それ相応の対価は持ってくるんだろうね?という
強気の対応かと思います。両名に対してどういったオファーが
INDにとって儲け話となるかは予想もつきませんが、
ドマスを出すなら同等以上のビッグマンが必要になりますし、
ブログドンを出すにしても満足できる見返りは期待できそうにありません。

というのも、ルバートにハンドラーを任せるとしても
今いるウイングプレイヤーをスターターにスライドしたところで勝てるチームではないことは
今シーズンですでに証明済。ここからステップアップを期待するのも難しいでしょう。

今手薄に感じているのはビッグマンですし、ターナー、ドマスを
保有したままブログドンを出してビッグマンを連れてくるというのも考えにくいです。
二人のどちらかをベンチに押しのけられるほどのスーパースターで引っ張れそうな選手っていますかね。

ブログドンと超一流ポイントガードの交換であればまだ納得いきますが、
金額的にもINDが受け入れられそうなプレイヤーはいません。

名前の出ている二人よりも今年最終年の
マクダーモットやマコネル、来期までのラムの方が
可能性はあると思いますが、今のINDから特に前者2名を出してはいけません。

ラムはウイングが多いので可能性0ではないと思いますが、
ブログドンが出されることはないのではないでしょうかね?

シーズン前と違い、ターナーの価値は相当上がっていると思いますが、
チームとしても彼がいかにINDに必要かが分かっているはず。
個人的には一番のアンタッチャブルはターナーだと思ってます。

残りあと1日半程。
Twitterを開くたびにドキドキが待っています。

関連記事


New