ドンチッチ欠場のマブス戦【NBA_Pacers】

2021年03月27日 13:34

FAでの補強はあるかもしれませんが、今シーズンのロスターが決まり最初の試合は
ドンチッチがおやすみのマブス戦でした。ポルジンギスにボコボコにされた記憶が蘇ります。

前回は欠場したターナーが故郷テキサス凱旋という事で
一家が見守る中、7ブロックとディフェンスでその存在を示しました。
新型コロナに感染し、一時は危うくなったとも言われたパパターナーもご満悦。
(相変わらずでかい身体でした)

ロングリバウンドが相手に渡る事も多かったですが、リバウンドは49−51とほぼ互角。
ペイサーズはボールがよく周り、3PTが珍しく良く決まりました。

対するDALはシュートが決まらず、加えてターナーのブロックもあるので
2Q終盤から点差が開きましたが、4Qに来てすぐそこまで迫ってきました。
やはりポルジンギスは驚異でした。ティム・ハーダウェイJrにも16pts取られ、
危ういところでしたが、マコネルのミドルがチームを救い、ルバートにボールを任せて
消耗する事の減ったブログドンの3PTで再びリードを広げ始めて最後は
セーフティーリードを保って終戦。

今日はINDが笛に助けられるシーンが多かったように思います。
特にドマスはよく笛を吹いてもらい助かりました。3Q終盤にミスが続いて
ちょっと意地になりすぎの時間もありましたが、なんとか落ち着いてくれました。
それでもやはりボールを運ばせるのはやめたほうが良いと思います。

シュート好調のマクダーモットが足首を痛めて試合に戻らなかったのは心配ですが、
前の試合で活躍を見せたサムナーが使われるようになってきました。
今日もアタックに3PTで10pts。良い起爆剤になれそうです。

そして最近動きが良くなってきたゴガ。
ブロックにプットバック、1Q終わりにはブザービーターフックまで決めて見せました。
これは何回でも言いたいですが、あのザイオンを押し込ませないでブロックしきった
ゴガは素晴らしいリムプロテクターになると思います。
いくつかファウルになりましたが、しっかり跳ね返してアンド1にさせませんでしたからね。
今日も3ブロックでマイルズ先輩と合わせて10ブロック。
今後もたくさん使ってあげて欲しいです。

IND 109 - 94 DAL

関連記事


New