レキシントンの幽霊とボトルネック

2010年09月18日 08:17

村上春樹のレキシントンの幽霊と米澤穂信のボトルネックを読みました。
レキシントンの幽霊 (文春文庫)
 古い屋敷で留守番をする「僕」がある夜見た、いや見なかったものは何だったのか?
 椎の木の根元から突然現われた緑色の獣のかわいそうな運命。
 「氷男」と結婚した女は、なぜ南極などへ行こうとしたのか…。
 次々に繰り広げられる不思議な世界。
 楽しく、そして底無しの怖さを秘めた七つの短編を収録。


レキシントン~の内容と個人的評価は
△ レキシントンの幽霊
× 緑色の獣
○ 沈黙
○ 氷男
○ トニー滝谷
◎ 七番目の男
△ めくらやなぎと、眠る女
ボトルネック (新潮文庫)
 亡くなった恋人を追悼するため東尋坊を訪れていたぼくは、何かに誘われるように
 断崖から墜落した…はずだった。ところが気がつくと見慣れた金沢の街にいる。
 不可解な思いで自宅へ戻ったぼくを迎えたのは、見知らぬ「姉」。
 もしやここでは、ぼくは「生まれなかった」人間なのか。世界のすべてと折り合えず、
 自分に対して臆病。そんな「若さ」の影を描き切る、青春ミステリの金字塔。


amazonでのレビューで衝撃的と書かれているのがよく分かるクライマックス。
救いようがないけど、なんか心に残る。楽しい本ではないけどなかなか好き。

Story Sellerで読んだ「玉野五十鈴の誉れ」と同じように読みやすい。
関連記事


コメント

  1. なぎ | URL | GCA3nAmE

    Re: レキシントンの幽霊とボトルネック

    ボトルネック読まれましたか。
    賛否わかれてましたが、多分読者がもつバックボーンによるのではないかと思います。
    僕の中では主人公は最後…です。
    人間なんて自分を誰も認めてくれなきゃ生きていけないのだと思ってますから。

    この人の小説も読まなきゃと思い出しました。
    感謝。来月探してみよう。

  2. 31iscream | URL | -

    〉なぎさん

    終盤に向かうに連れて主人公の
    心の痛みが伝わってきてあのラストって
    書き方がうまいな~と思いました。

    自分は氷菓を買ってみました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/352-32ebb265
この記事へのトラックバック


New