レッスルマニア18のDVDを観た

2010年09月26日 15:48

WM18のDVDを観ました。なんといってもハルク・ホーガン対ロックの
アイコン対決。すばらしかったです。

WWFインターコンチネンタル王座戦
 ロブ・ヴァン・ダム vs ウィリアム・リーガル
  二人とも若い。RVDは今大会が初出場とのこと。
  RVDやっぱり動きがかっこいいな~と思った。
  コーナーに登るときのジャンプが好き。

WWFヨーロピアン王座戦
 DDP vs クリスチャン
  試合後のだだをこねるクリスチャンは必見。

WWFハードコア王座戦
 メイヴェン vs ゴールダスト
  普通に行われるのかと思ったら24時間ルールということで
  一度終わったと思ったら延々と続いてた。
  取り出した武器が今ひとつ有効活用されていなかったような。

ケイン vs カート・アングル
 このころはまだマスクを被っているケインと髪のあるカート。
 しかしカートはよくあの巨体を何発も投げられますね。
レッスルマニア18 [DVD]レッスルマニア18 [DVD]
(2002/10/25)
プロレス
商品詳細を見る
ノーDQマッチ
 アンダーテイカー vs リック・フレアー
  デッドマンではなく、バッド・アズ時代のアンダーテイカー。
  バイクも似合っていてかっこいいです。  
  殴り合いから始まったこの試合。いつのまにかアンダーテイカーが
  頬から出血していて、その後、フレアーも大量出血。執拗に額を狙う
  アンダーテイカー。実際にそこまで殴ってないとは言え、痛々しい。
  最後のトゥームストン、フレアーは頭付いてるように見えるけど
  大丈夫だったんでしょうか。
  
エッジ vs ブッカーT
  エッジはこの頃からかっこいい。エントランステーマは今と違いましたが、
  ロングコート似合いますね~ブッカーTを真似てやったスピンルーニーの出来が
  酷すぎましたが。。。

ストーン・コールド・スティーブ・オースチン vs スコット・ホール
 SCSAのガラスの割れる音からの入場はしびれますね。
 nWo仲間のケビン・ナッシュ同伴で現れたスコット・ホール。
 この頃の抗争はよくわかりませんがスタナー連発で気持ちいいです。

4コーナーズ・エリミネーション・マッチ形式WWFタッグ王座戦
 ビリー & チャック
 ハーディー・ボーイズ(マット&ジェフ・ハーディー)
 ダッドリー・ボーイズ(ディーボン&ババ・レイ・ダッドリー)
 A.P.A(ブラッドショー&ファルーク)
  ジェフが若い(笑)。やはりブラッドショーのクローズラインはすごい。
  受けた相手が綺麗に一回転してた。

アイコン vs アイコン
 ザ・ロック vs ハルク・ホーガン
  ベビーのロック、ヒールのホーガンという図式のはずが、ホーガン人気恐るべし。
  ロックも自分に向けられたブーイングに戸惑っていた様子。
  ホーガンがロックボトムを繰り出すなど、白熱した試合展開。
  ブーイングばかりのロックですが、ピープルズエルボーの出番になると
  大歓声。試合後、nWoのナッシュとホールがホーガンを襲うと、
  ロックと一緒に反撃。ホーガンのパフォーマンスをロックがせがみ、
  いつものポーズをとるホーガン。最後は一緒に退場し大拍手。
  
トリプルスレット形式WWF女子王座戦
 リタ vs ジャズ vs トリッシュ・ストラタス
  リタの技がジェフと同じ。当時一緒に行動していたからでしょうかね。
  地元のトリッシュが勝つのかと思いきやそうでもなく。

WWF統一王座戦
 クリス・ジェリコ vs トリプルH
  怪我で満身創痍のトリプルHとそこを容赦なく攻めていくジェリコ。
  ステファニーへのペディグリーや実況席破壊などの見せ場はありましたが
  ロックvsホーガンの方が盛り上がりをみせていました。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/363-a9bec4bf
    この記事へのトラックバック


    New