氷菓 / 米澤穂信

2010年09月30日 17:04

ボトルネックに続いて米澤穂信の氷菓を読みました。
最近CMでも流れている「インシテミル」が映画になるとのことで、
こちらも映画がはじまる前に購入してみました。
映画を見るつもりは今の所ないですが、本は楽しみです。


 何事にも積極的に関わらない奉太郎が、姉の命令で入部させられた
 古典部で、部員の少女の叔父が関わった三十三年前に起きた事件の
 真相に迫る。 省エネ少年と好奇心少女が繰り広げる青春ミステリー。

 いつのまにか密室になった教室。毎週必ず借り出される本。
 あるはずの文集をないと言い張る少年。そして『氷菓』という題名の
 文集に秘められた三十三年前の真実―。


ストーリーとか謎解きの部分は今ひとつな感じがしましたが、キャラクターが
なかなか好みです。これはシリーズものの1作目に当たるそうなので
続編もそのうち買ってみます。
氷菓 (角川スニーカー文庫)氷菓 (角川スニーカー文庫)
(2001/10)
米澤 穂信
商品詳細を見る
以下ネタバレあり
氷菓(文集)を巡る謎解きはちょっと面白かった。

氷菓=アイスクリーム
Ice Cream ではなくI scream.
ブログタイトルと同じじゃないか!
というところに共感した訳でもあります。

いくつか無理矢理な謎解きもあるけど、
リラックスして読むには十分。楽しめました。
関連記事


コメント

  1. june | URL | -

    Re: 氷菓 / 米澤穂信

    米澤さんの古典部シリーズは、ちょっとゆるめな雰囲気が好きで追いかけています。
    でもこのシリーズ、2作目までは文庫で出ているのに、3作目からは単行本なんです。人気がでたからでしょうか・・。

  2. 31Iscream | URL | -

    > juneさん

    ボトルネック等が暗い雰囲気なのですが、こちらはほのぼのしてて
    そのギャップも好きです。米澤さんの文章と登場するキャラクターが
    好きです。
    まだ読んでない本がたくさんあるので楽しみです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/378-7eebfc33
この記事へのトラックバック

氷菓

氷菓 米澤穂信 「さよなら妖精」「犬はどこだ」と読んで、とても気になったのが古典部シリーズ。ずっと↑のスニーカー文庫のものを探していたのですが、本屋を探しても見つからないし、アマゾンでも出ていない。手に入らないとなると、無性に読みたくなるんですよね・...



New