オーデュボンの祈り 伊坂幸太郎 再読

2010年10月18日 12:19

最初に読んだのが12月。久しぶりにオーデュボンの祈りを読みました。

やはり各キャラクターが魅力的。
世界観も好きだな~

2回目に読んで気付いたのは荻島に足りないモノの
伏線がかなり張られていたということ。
伊藤自身が何度も口にしていたり、轟の家の地下で
見つけたものも最初は見落としていたり。

まぁ、ちょろっと書きましたが、絵に興味のなかった伊藤が
園山氏の絵を見て感動していたり、その後の額屋で働くきっかけを
ここでも描かれていたのかなと思った。

最後に日比野がドアをノックしたところからクライマックスに
向けての流れがワクワクしてすごく好き。

伊坂幸太郎の文庫で出ているものは全部読んでしまったので
ハードカバーにも手を出すべきか考え中。
Story Seller 2はまだ読んでないのでそっちが先かな。

そして今日から米澤穂信の古典部シリーズ2作目、愚者のエンドロールを
読み始めました。

オーデュボンの祈り (新潮文庫)オーデュボンの祈り (新潮文庫)
(2003/11)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/419-5e55e7b7
    この記事へのトラックバック


    New