プレシーズン6戦目 vsMIN【NBA_Pacers】

2010年10月20日 12:41

今日の相手はプレシーズン2回目の対戦となるミネソタ・ティンバーウルブズ。
第1Qを26-35と出遅れましたが、第2Qに追い上げて56-56の同点で
前半を終えました。

第3Q残り5分52秒の時点でまた11点差に開いてしまいましたが、
ポージー→プライスの3PT、プライス→ポージーの3PTを連続で決め、
ソロモンのFT3本と更にプライスの2本の3PT。
2分半で15-4とペースを取り戻し、79-79の同点となりました。
その後、お互いに点を取り合い、90-89とペイサーズの1点リードで
最終Qへ。

ヒバートのフックショットやポールの3本の3PT等で
珍しくオフェンスのリズムが崩れなかった今日のペイサーズ。
残り13.9秒でラブにFTを与えてしまい、115-115の同点。
ペイサーズのオフェンスとなりましたが、ポージーがまさかの
バッドパスでターンオーバー。
トリバーのショットが外れてオーバータイムへ。

オーバータイム残り1分を切った所で120-120の同点。
どちらも得点の伸びがありませんでしたが、ここでポージーの3PT。
その後、コリソンがFTを1本決めて4点リードとしましたが、ラブの
3PTで124-123、残り8秒。

ファールゲームはポージーが4本のFTを貰い、確実に全部沈めて
ウルブズから逃げ切りました。
IND 128 - 124 MIN 観客10918人
 M.ダンリービー 38min 16pts 9reb 4ast
 J.マクロバーツ 27min 8pts 3reb 3ast
 R.ヒバート 36min 27pts 16reb 6ast
 B.ラッシュ 29min 13pts 6reb
 D.コリソン 37min 8pts 3reb 9ast
  T.ハンズブロー 17min 6pts 5reb
  P.ジョージ 26min 17pts 5reb
  A.プライス 16min 11pts 3ast
  J.ポージー 21min 16pts 3reb 3ast

オーバータイムということもあり、得点やリバウンドが多くなっています。
しかし、チームアシスト33はなかなか立派でしたね。
リバウンドも53-51とリード。TOが19とやはり多いです。

ヒバートは素晴らしい活躍でした。ポールもちょっと安定してきましたかね。
ポージーの3PTもお見事でしたが、ハンズブローが数字に見えない所でも
いい動きをしていたのでしょうか。チームトップの+14でした。
セカンドユニットが活躍できるようになってくると面白くなりそうです。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/425-9d286478
    この記事へのトラックバック


    New