マイクロフラクチャー手術を受けた選手達【NBA】

2010年11月18日 17:03

医学的な事は分かりませんので省略しますが、対象となる骨に
小さな傷を作り、軟骨を修復させる手術だそうです。その傷から
でた血栓(super-clot)が新しい軟骨を作るのだとか。

よく言われるのは「自然治癒力に任せた手法なので、
100%治るかは分からない」ということですね。

ペニーやジェイソン・キッド、アラン・ヒューストン等も
この手術を受けた事があるそうで、復帰して今も
活躍している人もいれば治らずに引退してしまった人もいますね。

ジェイソン・キッド(2004)、ジョン・ストックトン(1997)、
ケニヨン・マーティン(2005)、ザック・ランドルフ、アマレ・スタウダマイヤー
らは復帰を果たしました。

ブライアン・グラント、クリス・ウェバー(2003)、アラン・ヒューストン(2004)、
ペニー・ハーダウェイ(2000 or 01)は復帰は果たしたものの、力を取り戻す事は出来ず。

ジャマール・マッシュバーン(2004)とテレル・ブランドンは完治せず
そのまま引退に追いやられてしまいました。

T-Mac(2009)も二つ目のグループに属される事になってしまいそうですし、
今回の話題の元となっているグレッグ・オデン(2007)はどうなるでしょうか。

その他にもケビン・ジョンソン、ケリー・キトルズ、エイドリアン・グリフィン
マット・ハープリング、パット・ギャリティー、カール・マローン、
アルビン・ウィリアムス、アンドリュー・デクラーク(懐かしい!)
ボブ・スーラ、ブライヨン・ラッセル、ディオン・グローバー、
ダリウス・マイルズらがマイクロフラクチャー手術を受けているそうです。
手術は行ったがマイクロ~かどうかは定かではないという人も混ざっている
そうなので全員かは分かりません。
 :NBA Microfracture surgery History
関連記事


コメント

  1. びょん | URL | -

    Re: マイクロフラクチャー手術を受けた選手達【NBA】

    こんばんは!オデン君は結局そうなりましたか。
    ブレイザーズはちょっとけが人が多すぎですね、いいチームなのに。キャンビー獲っといてほんと良かった。

    オデンと同じドラ1のグリフィンがめっちゃ好調なので、余計にこのニュースを聞くと切なくなりますね。
    ケガで活躍しきれない選手のなんと多いことか…
    T-macも見ていますが、もう戻れそうにないですね。

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > びょんさん

    ブレイザーズはロイの膝もかなり悪いそうですね。。。
    怪我人が多いのにそこそこ勝てるところがすごいです。

    グリフィンの復活は嬉しいですがオデン君は
    非常に残念です。本格的センターが少ない今、
    彼のプレイには期待しているのですが。。。

    T-Macのように過去の活躍が目立つ選手は
    特にさびしいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/498-86fa53b8
この記事へのトラックバック


New