【NBA】ウィザーズ戦 最後を飾れず【Pacers】

2010年04月15日 11:59

言葉通り最後のショットを決められず敗戦。

第1Qの途中でスコアを見た時、いきなり10点差を離されてて、
またこんな感じのスタートか、と思ったら51-47で逆転してハーフタイム。
第3Q残り3分には14点差に広げたものの、結局80-74で最終Qへ。

逆転されそうになってもなんとか逃げ切りつつ踏ん張っていましたが、
残1分30秒でジャクソンに3PTを決められ、97-98と遂に
リードを奪われてしまいました。

まぁ、これだけ時間が余ってればまだもう一波乱くらいあるだろうと
思っていたら、両チームともそのまま得点がストップ。
スティールやらTOで攻撃チャンスはたくさんあったものの、
マーフィーとMDJがそろって3PTを外します。何故ここで3PTを狙うのか
いまいち良く分かりませんが、イージーショットを打たせてくれなかった
のでしょうね。

そして残り3秒、ペイサーズのラストプレイはグレンジャーで攻めた訳ですが
シュートは入らず。今シーズン初のブザービーター勝利とはなりませんでした。
ちなみにヒバートは最終戦でキャリアハイの29ポイントを獲得。
今シーズンはそこそこの成長を見せてくれたので来シーズンに期待。

IND 97 - 98 WAS
IND-WAS
09-10シーズンのペイサーズは32勝50敗となりました。

D.Granger  17pts  9reb  
T.Murphy  3pts  9reb  3ast  4stl
R.Hibbert  29pts  7reb
B.Rush  8pts  3reb
E.Watson  14pts  3reb  3ast
 D.Jones  11pts  3reb
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/5-2e2fd2b9
    この記事へのトラックバック


    New