ゲーム26 @ボストン【NBA_Pacers】

2010年12月20日 11:18

起きたら既に試合が終了していましたが。今日はボストンで
セルティックス戦がありました。

88-99で敗戦していますが、残り5分位までは結構粘っていたようですね。
一方的にやられる時間帯もありましたが、逆転したり、5点差位までは
詰めていたり、ダニーが不調だった割には良い試合だったのでしょうか。

最後は力尽きて惨敗ですが、相手はイーストのトップチームですからね。
今のペイサーズにしては善戦です。と思いたいです。

IND 88 - 99 BOS 18624人

Pacers 12-14
 D.グレンジャー 19ポイント 6リバウンド 3スティール
 J.フォスター(!?) 2ポイント 5リバウンド
 R.ヒバート 17ポイント 14リバウンド
 D.コリソン 15ポイント 2アシスト 4TO
 B.ラッシュ 6ポイント 3リバウンド
  M.ダンリービー 10ポイント 3リバウンド 3アシスト
  T.フォード 13ポイント 3アシスト

Celtics 22-4
 P.ピアース 18ポイント 10リバウンド 12アシスト 4スティール
 K.ガーネット 9ポイント 9リバウンド 3スティール
 S.オニール 11ポイント 5リバウンド
 R.アレン 17ポイント 6リバウンド 6アシスト
 N.ロビンソン 18ポイント 4リバウンド
  G.デイビス 18ポイント 6リバウンド

なんとMcBobがお休みでジェフがスターターだったんですね。
そして今日のプレイタイムはハンズブロー>ソロモンでした。

やはりニックス時代からネイトは苦手ですね~
ピアースとレイ・アレンにもやられてますし、グレン・デイビスにも
やられています。

今日はヒバートが結構良い数字を残していますが、シャックが認めている若手は
LACのブレイク・グリフィンだけだそうです。まだ努力が必要ですね。

オフェンスリバウンドが16-4と圧勝していますが、FGが35.4%と低く、
セルティックスには53.9%も許しています。

珍しくTOも13-18とINDにしては低めだったのがこの点差で済んだ要因でしょうかね。
---
NBA LPBBのCONDENSEDとうハイライトで確認しましたが、
相当頑張ってはいましたね。ラスト3分には負けモードに入りましたが、
よく置いて行かれずにもちました。

アレンとピアースには好きなようにやられてしまいましたし、
序盤はシャックが全盛期かと思う様な動きをしていました。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/573-b4967a51
    この記事へのトラックバック


    New