ブザービーター勝利をYOUTUBEで漁っていると【NBA】

2010年12月22日 17:51

最終的にレジー・ミラーの動画に辿り着きます。
何度見たか分かりませんが、「すげー」の一言ですね。

対スパイク・リーも楽しいですが、その後も含めた動画をチェック。

8.9秒で8点とか、残り18.7秒から8点を取って逆転勝利で知られるシーン。
1995年のカンファレンス・ファイナル、ペイサーズ@ニューヨークの出来事です。

99-105で6点ビハインドのペイサーズ。
INDのインバウンドでレジーが3PTを沈め、続くNYKのインバウンドパスで
渡す相手がいなく、無理に投げたらレジーにボールが渡り、3PTラインまで
わざわざ下がって3PTを決めるという名シーンです。これで同点。

ほとんどの場合このシーンだけが映されるのですが、実は続きがあります。
続くNYKのインバウンドの際にスティールを狙ったINDの選手がスタークスに
ファール。リアルタイムで見ていたら、「せっかく同点にしたのに」という
NYKにとってはラッキーな出来事。しかもFTラインに立つのは当時の
中心選手です。

そんな中、スタークスはFTを2本とも外してしまいます。
しかし、リバウンドを取ったのはユーイング。ボールを取ってすぐに
シュートを打つものの、外れてボールはレジーの手に。
ここでレジーに対するファールがあり、2本のFTを得ます。

先ほど2本外したスタークスとは対照的に、2本とも沈めるレジー。
残り7.5秒からオフェンスを始めるニックスでしたが、ボールを
運ぶ途中で転んでしまい、タイムアップ。

ニックスは勝つチャンスがいくつかありながらも自らのミスで
台無しにしてしまったのです。もしこれらのプレイを
ニックスがきちんとやっていたらこのシーンは今ほど有名では
なかったのかもしれません。

下の動画で終盤のすべてをチェックすることができます。

条件は違いますが、引退した年の2005年の1月に対ヒート戦の
オーバータイムで連続3PTを決めて勝利する動画がありました。
途中、天敵だったスパイク・リーが苦笑い。
試合後にはレジーから走って近寄り、ハグをするところまで。


T-Macの33秒で13点もものすごいですが、プレイオフの舞台で
前年のリベンジを果たすレジーがやっぱりたまりません。
シュートもボールが回ってくるところも相当な強運ですね。
関連記事


コメント

  1. TOO | URL | -

    Re: ブザービーター勝利をYOUTUBEで漁っていると【NBA】

    この頃からレジー人気がグッと上がった記憶があります!

    この時期のインディアナは劇的な試合が多かったですよね。レジー以外にもオーランドとのカンファレンスファイナル、スミッツのブザービターもお気に入りです!

    先日YOUTUBEで見ましたがみんな若い!特にラリーコーチ!(笑)
    シャーロット解任された様なので…インディアナに復活しないでしょうかねぇ。

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > TOOさん

    ペイサーズに限らずこの頃のNBAって何か熱さをすごく感じます。
    一触即発感がものすごいですよね。

    スミッツのもありましたね!懐かしいです。

    ラリー・ブラウンは元々家族と一緒に暮らしたいからそろそろ辞めたい
    様な事を今年かその前のオフの時に言っていた気がしますが、どこかで
    やるなら是非INDに来てもらいたいですね。


    ちなみにスタークスにファールしたのはバイロン・スコットでしょうかね。
    彼も今やヘッドコーチ。時代の変化を感じます。

  3. TOO | URL | -

    Re: ブザービーター勝利をYOUTUBEで漁っていると【NBA】

    確かに懐かしい…モンティウィリアムズもこの頃ニックスにいた様な記憶があります。

    チーム同士がライバル意識を持っていたり、ドラマティックな幕切れが多かったり…この時代はホントにNBAが面白かった!

    あと早くレジーと同じくらい、もしくは超える様なスターがインディアナに来てほしいですねぇ…。

  4. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > TOOさん

    緊迫したライバル関係というのが最近はあまりないですよね~
    審判に文句言うとすぐにテクニカルとかで、昔のような闘争心むき出しの
    プレイがあまり見られないのが少し残念です。

    レジーを越えるのは相当困難でしょうけど、ダニーとヒバートには
    レジーとスミッツの様な関係になってもらいたいですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/580-3f76e0cc
この記事へのトラックバック


New