コインロッカー・ベイビーズ / 村上龍

2011年01月14日 12:17

村上龍の傑作とも言われるコインロッカー・ベイビーズ上下巻を
ようやく読み終えました。今まで読んだ伊坂幸太郎や米澤穂信らと違い、
笑える要素がなく、重くて暗い内容だった為か、なかなか読み進めることが
出来ませんでした。

どちらかというと下巻の方がスピード感があって読みやすかったです。

上巻あらすじ
 コインロッカーを胎内としてこの世に生まれ出たキクとハシ。
 罪の子ふたりの心に渦まく愛と憎悪。廃墟と化した東京の上空に、華やかなステージに、
 そして南海の暗い海底に強烈な破壊のエネルギーがほとばしる。
 巨大な鰐を飼う美少女アネモネの願いは?鮮烈なイメージで織りなす近未来小説の大きな序章。

下巻あらすじ
 謎を求めて舞台は南海の暗い海底に移る。破壊の意志を持つというダチュラの凶々しき響き。
 果してダチュラとは何か?そして、巨大な暗黒のエネルギーがもたらすものは?
 現代文学の記念碑的作品の鮮烈な終章。

コインロッカー・ベイビーズ(上) (講談社文庫) コインロッカー・ベイビーズ(下) (講談社文庫)
以下ネタバレを含む感想
施設にいたころや、桑山家に引き取られ、キクは棒高跳び、
ハシは大人しめだったころから終末の二人が想像できなかった。

もしかして善と悪で対決するのかと思いきや、最終的には
二人とも悪だったりするし、ダチュラを手にしたキクと、
それによって求めていた「心臓の音」を見つけ、新しい歌を
発見するハシ。

直接会ってはいないけど、二人の繋がりがものすごく深い。

歌手として成功し、全てを手に入れその後堕落したハシ。
産みの親を殺し、刑務所に入りながらも、周りと良い関係を作ったり、
アネモネという理解者を得たキク。

一時はハシの方が良い生活をしていましたが、トータルで考えると
キクの方が幸せな生き方をしているかもしれませんね。

表現は暴力的でグロテスクな部分もありますが、トータル的に見れば
面白かったです。

  破壊=生きること

今は伊坂さんのゴールデンスランバーを読み始めました。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/615-fc505cb5
    この記事へのトラックバック


    New