ゴールデンスランバー / 伊坂幸太郎

2011年01月24日 14:26

伊坂幸太郎のゴールデンスランバーを読み終えました。
コインロッカー・ベイビーズは時間が掛かりすぎましたが、
比較的早く読み終わりました。今は米澤穂信の
「遠まわりする雛」を読み始めました。

 仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、
 青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。
 昔話をしたいわけでもないようで、森田の様子はどこかおかしい。
 訝る青柳に、森田は「おまえは、陥れられている。今も、その最中だ」
 「金田はパレード中に暗殺される」「逃げろ!オズワルドにされるぞ」
 と、鬼気迫る調子で訴えた。と、遠くで爆音がし、折しも現れた警官は、
 青柳に向かって拳銃を構えた―。

 精緻極まる伏線、忘れがたい会話、構築度の高い物語世界―、
 伊坂幸太郎のエッセンスを濃密にちりばめた、現時点での集大成。


政府(とは書かれていませんが)や自分の手に負えないものが敵という設定は
結構ありがちですが、実際にこうなったら為す術なく
罠にはまってしまうんだろうな~と思う。
ケネディ暗殺が例えられていますが、日本で実際に起こった事件で
こういうことがあるのに実は誰も知らない、なんてことがあったら怖いですね。

伊坂さんの作品には主人公とは別に脇役として強烈なキャラがいることが多いですが、
今回は森田君ですかね?砂漠でいう西嶋やオーデュボンの日比野程ではありませんが、
中々良いキャラクターをしていました。
ゴールデンスランバー (新潮文庫) ゴールデンスランバー [DVD]<
以下ネタバレ含む感想です。
amazonでのレビューではご都合主義やら、実際に金田を殺害した
犯人や、青柳が犯人として選ばれた理由が描かれていないという点で
悪い評価も多かったですね。

これは作者が後書きで書いていた「風呂敷を畳まない」という事が
そのまま拒絶されてしまった感じですかね?これまでの作品は
結構言葉で説明していることが多かったようですが、今回はあえて
こういう形にしたそうですね。

自分的には特に引っかかりませんでしたけど、最初に期待したものが
真犯人解明とかだったりするとガッカリするのかもしれません。

友人はともかく、他の事件の犯人だったり、「裏家業」の人までもが
協力してくれるのはさすがに現実味はありませんでしたが、
最後までハラハラして読むことができました。

途中で偽物に迫るシーンがありましたが、そこで入れ替わって
うまくいくかと思いきやそうではなく。2章のフリーライター(?)が
整形して逃げ切った青柳自身なのかな~と思ったりしましたが、
そうでもなさそうですね。

あとは、2年前にアイドルを助けたという青柳ですが、
それも仕組まれていたのでしょうか。一度有名にさせておいて、
あとからはめるとかっていう、そこまでやっていたら怖いですね~

映画化もされているので機会があれば見てみたいと思います。
他にも伊坂作品は映画化されてるのがあるのでチェックしてみたいですね。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/639-deeea219
    この記事へのトラックバック


    New