螢・納屋を焼く・その他の短編 / 村上春樹

2011年02月03日 16:14

中々村上春樹の作品に衝撃を受けることが出来ないのですが、
懲りずに読んでみました。短編集ということであっという間に
読み終わりましたが、なかなか内容がこかったようです。

 秋が終り冷たい風が吹くようになると、彼女は時々僕の腕に体を寄せた。
 ダッフル・コートの厚い布地をとおして、僕は彼女の息づかいを
 感じとることができた。でも、それだけだった。彼女の求めているのは
 僕の腕ではなく、誰かの腕だった。僕の温もりではなく、誰かの温もりだった…。
 もう戻っては来ないあの時の、まなざし、語らい、想い、そして痛み。
 リリックな七つの短編。

 螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫)
収録されているのは
 ・蛍
 ・納屋を焼く
 ・踊る小人
 ・めくらやなぎと眠る女
 ・三つのドイツ幻想
  冬の博物館としてのポルノグラフィー
  ヘルマン・ゲーリング要塞1983
  ヘルWの空中庭園

めくらやなぎ~については「レキシントンの幽霊」にも収録されていましたが、
少し書き加えられていました。というか順序的にはこちらが先で、
レキシントンの~の方が改訂されたもののようです。

「蛍」を下書きとして膨らませたのが「ノルウェイの森」とのこと。

以下ネタバレを含む感想です。
一番印象に残ったのは「納屋を焼く」でした。
最初読んだ後に、なんか不思議な印象が残るな~と思いましたが、
思い返して読んでみると納屋=女性ということだったと
読み取れる様です。

ガソリンをかけて火を付けて燃やすと15分位で終わる。
火を付けたらその場から逃げて遠くから見守る。
小さな納屋が燃えた位じゃ警察は動かない。

と、確実にそう読み取れる訳ではないですが、
女性を殺害する、外国に売るといった感じなのでしょうか。
確か貿易会社で働いているというのもそういう引っかけに
なってるのでしょうかね。初めてこういう仕掛けに気付きました。

もしかしたら他の作品もこういうことなのかもしれませんね。
読み取れていなかったので、村上作品に共感を得ることが
できなかった訳です。

「踊る小人」も面白かったです。
幻覚を見せて声を出させようという部分が、
幽遊白書で海藤vs蔵馬のタブーの能力によるゲームを思い出した。

例によって最後のドイツ3本は全く意図を読み取れませんでした。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/669-26f30366
    この記事へのトラックバック


    New