ゲーム59 vsウォリアーズ【NBA_Pacers】

2011年03月02日 12:26

今日は前回敵地で最後に決勝シュートを決められて敗戦した
ゴールデンステイト・ウォリアーズとホームで対戦。
客席が空いてるな~と思ったらなんと9557人しかいませんでした。。。

試合の方は、第1Q6分でコリソンが2ファールとなると
ランス・スティーブンソンが早くも登場。出場1分後には
ミドルシュートを決め、初FGを獲得。

その後はレイアップに行きますがファールを貰えないということが
何度か続き、途中まで1/6という具合でしたが、目を見張ったのは
そのボールハンドリング。ドリブルが上手いですね。
カリーを置き去りにしたりディフェンスも付きにくそうでした。

チーム全体でディフェンスもよく、GSWもシュートが不調だったので
19-29で第1Qを終了しました。
Hibbert vs GSW
第2Qも出だしは良かったのですが、8分54秒のハンズブローのポイントから
全くシュートが入らなくなり、1分35秒のラッシュの3PTが決まるまでの間
21-1のランというひどい展開となりました。11点差をつけられましたが、
その後は何とかシュートを決めて46-43で前半終了。
こんなに酷くなるとは思いもしませんでした。

何とか3点差まで詰め寄ったので早めに追いつきたい所でしたが、
ダニーがアリウープレイアップを決めるとカリーの3PT、
コリソンのシュートが決まるとライトの3PTと、点を決めても
それ以上のお返しがきました。

しかしINDも攻め続け、ビードリンスのシュートをダニーがブロック、
McBobがライトからスティール、ラッシュがビードリンスから
スティールとディフェンスが続けて成功。この間にINDも点を重ね、
ラッシュのレイアップで逆転、更にFTを1本貰い52-54と逆転に成功。
McBobとコリソンも続き、52-58までリードを広げました。

しかしGSWも反撃にでて、リーのダンクとカリーの3PTで1点差に詰め寄ります。
この時間帯はインサイドで攻めてもファールを取ってもらえず、
FTで得点を稼ぐ作戦が失敗しますが、残り5分にヒバートのフックで
57-60、3秒バイオレーションでコリソンがFTを1本決めて57-61と
しましたが、カリーの3PTでまた1点差まで詰めてきました。

すると、ダニーがFT2本、ランスがカリーからスティールして
ブローのレイアップをアシスト、更にFTを1本決めます、
残り3分15秒にようやくランスのレイアップが決まり、
エリスとカリーにも2点ずつ決められますが、コリソンが
レイアップでアンドワンを獲得。

その後もブローがFTを貰ったり、バスケットカウントで3点取ったり
と攻撃の手を緩めず、徐々にリードを広げ、71-80で第3Qが終了。
第4Qに入るとポールが2本のレイアップとナイスDからの
ファストブレイクでダンクと大活躍の6連続得点。
7分57秒に75-87とリードしていると、ここからお互いに点の取り合いが
始まりました。
レジー・ウィリアムスが2点、ダンテが2点、レジーが3PT、ブローがミドル、
カリーがバンクショットでダンテがレイアップ、さらにレジーが3PT、
ポールがゴール下で粘ってリザーブレイアップ。
ここでINDのポイントが入っていなかったら一気に抜かれていたので
危なかったですね。

5分41秒にカリーの3PT、INDはダニーがミスして、更にカリーが2点、
ラッシュの3PTが外れてエリスが外したレイアップをアマンドソンが
プットバックダンクで92-95と3点差にまで迫れてしまいました。

ここでINDはダニーにボールを託します。
ゴール下に切り込んでFTを貰う事に成功。2本決めると
エリスは3PTをミス、またダニーがファールを貰って2本のFTを
沈めて99-92。

オールコートディフェンスに来たGSWの裏をかき、ラッシュが
ゴール下で簡単にダンク。2分23秒で97-103となりました。
この後McBobがカリーからスティール。ここで時間を使えたのが
大きかったですね。

残り1分3秒にレジーが3PTを決めて100-103と3点差。
37秒にダニーが3PTを外した直後に、ライトに全くのフリーで
3PTを打たれたときは冷や汗が出ましたが、外れてくれました。

ファールゲームに来ましたがダニーが確実に決めて100-109で勝利。
FTをチーム全体でも高確立の32/36で決められたのが良かったです。
特にダニーは16/16とパーフェクト。素晴らしいですね。

3月は18試合あり、アウェイが11試合、連日の試合が6ゲームと
非常に厳しい日程となっていますが、初戦を勝てたので一安心です。

GSW 100 - 109 IND 9557人(1万人切ってしまった。。。)

Warriors 26-33
D.ライト 6ポイント
D.リー 19ポイント 11リバウンド
A.ビードリンス 5リバウンド
M.エリス 13ポイント 4アシスト
S.カリー 20ポイント 6リバウンド 7アシスト 5TO
 R.ウィリアムス 25ポイント 4リバウンド

Pacers 27-32
D.グレンジャー 32分 27ポイント 7リバウンド
J.マクロバーツ 25分 8ポイント 7リバウンド 4アシスト
R.ヒバート 33分 12ポイント 9リバウンド 4アシスト 4ブロック
B.ラッシュ 24分 8ポイント 3リバウンド
D.コリソン 13ポイント 1アシスト
 L.スティーブンソン 14分 4ポイント 2アシスト
 P.ジョージ 17分 12ポイント 4リバウンド
 T.ハンズブロー 22分 14ポイント 6リバウンド
 D.ジョーンズ 15分 10ポイント
関連記事


コメント

  1. TOO | URL | -

    Re: ゲーム59 vsウォリアーズ【NBA_Pacers】

    前半までは連敗の影響があったのか…酷いFG率でしたが何とか持ち直しましたね。

    やっぱりディフェンスに難ありですね、今シーズンは。点の取れてる時に突き放せないのが苦しいです…ホームでこの展開ですとアウェイだともっと苦労しそうな予感がします。(汗)

    でも後半のポール、ハンズブローはいい活躍でした!!この2人が安定して活躍してくれたらもっと勝ちに繋がるんでしょうねー。

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > TOOさん

    第2Qはどうなることかと思いました。。。
    最後に3点差まで詰めておけたのが良かったですね。。。

    ディフェンス頑張ってはいたのですけどね~
    GSWの3PTが入り過ぎててあまり点が広がらなかったのと
    INDのポイントがあまり伸びなかったのでギリギリでしたね。

    ポールとブローの追い上げは素晴らしかったですね。
    最後はダニーがFTを貰ってパーフェクトでしたし。

    ラストプレイの選択肢としてランスも面白いかもと思いました。
    レイアップの確実性はまだまだですが、ゴール下までは
    持って行けそうです。結構好き勝手にドライブできていたので
    あとはゴールを決める事が出来ればプレイタイム貰えそうです。

  3. TOO | URL | -

    Re: ゲーム59 vsウォリアーズ【NBA_Pacers】

    ランスはサイズもあるのでSGとしての起用もできそうですしね!ペネトレイトだけでなくアウトサイドからも効率良く得点が出来るようであればかなり活躍すると思います!!
     
    数字で見ると…最近のグランジャーとマクロバーツの貢献度も高いと思います。グランジャーは無駄に3Pを打たず以前よりFGが良くなっているのがいい傾向ですね!課題はクラッチショットですね…。

    マクロバーツはBIGマンでありながらアシスト等々いい活躍してると思います。器用な彼を見ているとブラッドミラーを思い出しますね。もう少しフィジカルが強いとリバウンド力が向上すると思うんですけどねー。

  4. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > TOOさん

    今日はSGとしての起用もされていましたね。コリソンとも
    プライスとも同時に出ていました。比較的シュートも得意だったので
    どちらでもいいのですがやはり彼がボール運ぶと見入ってしまいます。
    特別注目しているからかなり贔屓してますが(笑)

    ダニーはFTを貰えてそれを確実に決められればいいですね。
    今日は16本パーフェクトと素晴らしかったです。
    クラッチシュートを打つ必要もない展開になってくれるのが
    一番いいですが、あれは鍛えようがあるのですかね。。。
    昔できていたのに今出来ないとは。
    コリソンだとブロックされていますし、今はダニーしかいないので
    頑張ってもらいたいですね。ポールもそのポジションを目指しているそうです。

    McBobとヒバートは結構パスセンスあると思うので
    両者ともリバウンドが課題ですね。McBobはマーフィーほど
    3PTを多用しないのでもう少しリバウンドが増えてくれると
    スターターとしても定着すると思います。

  5. TOO | URL | -

    Re: ゲーム59 vsウォリアーズ【NBA_Pacers】

    グランジャーはクラッチシュートを鍛えるというよりハーフコートオフェンスの精度を上げると言った方がいいですね…すんません…。(笑)いかに確実に決めれるセットオフェンスを作れるかが接戦で勝つ秘訣だと思いますし!

    ヒバート、マクロバーツ&ハンズブロー3人で20本以上リバウンド取れるともっと安定すると思うんですよねー。以前のスミッツ、2人のデービスと比較するとこの部分が弱いですね…もっとフィジカルが強くなったらリバウンドがよくなってくれるんでしょうか???

  6. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > TOOさん

    自分達が得意なオフェンスっていうのがないですからね。。。
    セットオフェンスの向上は必須ですね。

    INDは誰かが突出してリバウンド数が多い事ってあまりないですよね。
    ラブとかどうやってあんなにリバウンド取ってるんだろうという感じです(笑)
    それぞれ30分程度のプレイタイムですので、そこまでは期待していませんが
    チームとして取れれば問題はありませんね。
    3人合わせて20~25というのもいい目標かもしれません。

    ヒートとの試合を見てて思ったのは彼らはほぼオフェンスリバウンドに
    飛んでるんですよね。ちょっと弾かれたらそのままダンクに行ける様な
    タイミングで。それを真似する必要はありませんが、オフェンスリバウンドも
    ジェフだけじゃなくてもっと絡んでいいと思います。

    すぐに戻ってディフェンスというのが大切なのは分かるんですけどね。

  7. TOO | URL | -

    Re: ゲーム59 vsウォリアーズ【NBA_Pacers】

    ちなみにですが…ラブは2.3分に1本のリバウンドを、ジェフは2.6分に1本リバウンドを取っていますねー!出場時間は少ないジェフですがプレイングタイムがあればかなり数字を伸ばせるとは思いますが…難しい所です。

    ジェフだけでなくハンズブローもオフェンスリバウンドを頑張っているイメージはあるんですけど…そんなことないですかね???他の選手も努力はしているのでしょうがもっと数字を伸ばして欲しいとは思います。

    自分はバックコート陣がファストブレイク対応のディフェンスをしてインサイドはオフェンスリバウンドに絡む必要はあると思いますけどねー!相手が嫌がる様な当りというか…ゴール下でゴリゴリというか…パワーというか…ブルーワークなプレーが足りないですよね。

  8. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > TOOさん

    今のジェフに35分出ろと言ってもそれはそれでリバウンド率は
    下がりそうでもありますが、ジェフの良さは短時間で結果を出せるところですかね。
    ディフェンスも良いですし。
    ブローもリバウンド参加率は高いですね。少し背が足りないので
    ちょっと不利ですがあの姿勢は良いと思います。FTもうまいので
    ファール貰って得点という攻め方もできますしね。

    ファストブレイクを防ぐために取れそうに無かったら表に
    弾くというのも一つの手かとは思います。ジェフなんかは
    無理に取らずに味方に向けて弾く、ということを良くやりますが
    あれは効果的ですよね。あればっかりになっても困りますが
    取るだけがリバウンドじゃないということなのかと思います。

    チームとして取れればそれで成功ですからね。
    ゴール下で取ったらそのままダンクでねじ込む位のパワーが
    欲しいものです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/738-c5425ebf
この記事へのトラックバック


New