2月の上昇と3月の下落【NBA_Pacers】

2011年03月10日 17:00

1月末にジム・オブライエンHCを解雇し、ACだった
フランク・ボーゲル氏を暫定HCとして任命したインディアナ・ペイサーズ。

2月は8勝5敗とINDにしては良い勝率で終えましたが、
3月に入ってから1勝5敗と落ち込んでいます。
負け試合のほとんどが第1Qで出遅れ、追いつけずに敗戦という
かなり悪い流れとなっています。

Lance into Anthony
こんな写真も今のINDを表しているようにすら見えます。

ここで主力5人の2月と3月のスタッツを見比べてみました。

仮免ダニー・グレンジャー
Feb 34min 21.2pts FG.487 3PT.424 FT.819 5.7reb 2.5ast 1.2stl 
Mar 31min 15.8pts FG.300 3PT.174 FT.935 3.6reb 1.5ast 0.5stl
 なんと3月はFG24/80というかなり酷い成績です。
 アベレージも5.4ポイント落とし、ほぼ全ての成績がダウン。
 FGが3割って野球ですか?

ダレン・コリソン
Feb 31min 12.4pts FG.412 3PT.296 FT.795 2.9reb 5.8ast 1.5stl
Mar 24min 10.0pts FG.375 3PT.400 FT.870 1.6reb 2.0ast 0.6stl
 コリソンは元々少ないアシストが更に落ち込んでいます。
 コートで仕事が出来ていないため、プレイタイムも大幅に減少。
 スターターPGが24分とは情けないです。

ロイ・ヒバート
Feb 31min 15.3pts FG.497 FT.768 7.4reb 1.9ast 1.8blk
Mar 28min 10.0pts FG.393 FT.800 8.0reb 1.6ast 1.8blk
 リバウンドはそこそこキープしているのですが、もっと取って欲しいですし、
 センターでFGが4割以下というのは致命的ですね。FTはうまいですが。
 ダニー同様こちらも5.3ポイントダウン。3本柱(仮)で13ポイントも
 落としています。これはいかにベンチメンバーが好調だったからといっても
 やり過ぎです。

タイラー・ハンズブロー
Feb 24min 11.4pts FG.390 FT.852 5.2reb 0.5stl
Mar 29min 17.3pts FG.470 FT.743 7.6reb 1.3stl
 そんな中唯一頑張っているのがブロー。
 ポイントを5.9アップ、リバウンドもFGも上げてきています。
 2月はかなり頑張って成長してくれましたが、3月もキープ
 してくれています。

ポール・ジョージ
Feb 23min 8.9pts FG.410 3PT.250 FT.781 4.4reb 1.3ast 0.8stl
Mar 24min 8.3pts FG.487 3PT.142 FT.733 4.6reb 0.8ast 1.8stl
 上の3人が不調な分をポールに埋めて貰いたいものですが、
 中々数字は上がってきません。リバウンドやスティールに行く姿勢は
 良いですが、ミスやファールもまだ多いです。審判との駆け引きを
 実践で学んでいる最中です。FTをもう少し決めてくれると面白くなりそう。
 取りあえずふがいないスターターを押しのけて二桁得点をキープ
 してもらいたいところです。
で、負け始めたのはいつか、というと2月25日のジャズ戦から。
サンズに負け、ウォリアーズに勝利、その後、サンダー、
マブス、ロケッツ、シクサーズ、ウルブズに敗戦ときています。

2月25日。

メイヨとMcBob、ラッシュが絡んだトレードの話が消えた日です。

この日を境にチームバランスが崩れた可能性もありますね。
契約がまだ残っているプレイヤー、今季が最終年のプレイヤー、
トレード対象となった二人。ぎくしゃくしているのでしょうか。

ヒバートが「コーチ抜き」で話し合いをするべきだと発言しましたが、
プレイヤーだけでミーティングをする必要はあるのでしょうか。
コーチを信頼出来ていないという事なのか、それともばらばらになった
プレイヤー同士がまた一つに戻ることが先決だと考えているのか。

どちらにしても雰囲気の良かったチームはどこかへいってしまったようです。
今日もプライス以外は試合後のコメントを拒否したとのこと。
先日の怒鳴り合いの方がまだどうにかしようとする方向性が見えて
安心ですが、全員黙ってしまうとちょっと怖いですね。
抜け出せる気がしません。
関連記事


コメント

  1. TOO | URL | -

    Re: 2月の上昇と3月の下落【NBA_Pacers】

    ここまで状態が悪いと手の施しようがないですね…。戦術云々の問題ではない気がします。

    例の乱闘事件以来のチーム状態の悪さに見えてきます。オフに大きいトレードがありそうな予感ですね。

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > TOOさん

    乱闘直後のロスター7人とか8人時代の時の方が
    よほど良い試合をしてた気もします。。。
    これで中途半端にプレイオフに行って満足されると困るので
    ドラフトに大当たりはいないと言われていても一度本当の
    どん底に落ちた方が良い気がします。

    過去3年でそうなっておくべきでしたし、この4年の再建は
    全て無駄ということになりますけどね。。。

  3. TOO | URL | -

    Re: 2月の上昇と3月の下落【NBA_Pacers】

    うーん、自分はこの4年は無駄ではないと思いますけどねー。

    まずコーチ選びがかなり重要なことが解りましたし、コーチの戦術によっては契約下の選手が伸びる要素が多いにあると思います。

    若いメンバーなのでベテランHCがいいとは思いますが…もしラリーブラウンがINDに来てくれればハーフコートオフェンス&ディフェンスは改善出来ると思うんですよね、さほど早い展開を好まない様ですし。

    あとグランジャーによる部分が大きいかと思います。彼がスコアだけでなくディフェンス、アシスト等オールラウンドに貢献できず、精神的な柱になれないならとホントにトレード要員にするべきです。

    最近のPHIイグダラ見ると彼みたいな選手がチームのエースだと思います。スコアはさほど伸びて無くてもアシスト、リバウンドに貢献してますし1番はチームを勝利に導いてる所が評価できます。こういう選手になることを期待しているんですが…グランジャーには。

  4. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > TOOさん

    無駄という言い方はちょっと厳しかったかもしれませんが
    再建は失敗という意味で使いました。

    最下位に落ち込む訳でもなく中途半端な再建になってしまった
    からでしょうか。乱闘の悪いイメージを払拭させることが先決になった
    時期もありましたし、勝てるチーム作りとは別方向で動いた時期が
    あったのも事実。急いでダニーを中心選手に仕立て上げてしまった
    感じもします。

    コーチの重要性、相性等の問題は4年費やさなくてもバードなら
    現役もHCも経験してきてるんだし少なくとも3年目で方向転換を
    しておくべきだったかと思います。ここら辺はバードにこういった
    能力があまりないということなのでしょうけど。。。

    オフのFAで勝負する気だとしたらダニーを差し置いてエースとなれる
    プレイヤーでないといつまで経ってもプレイオフ進出が目標のチームから
    変わることができない気がします。

    あと、エースであるダニーは敗戦の責任を受け持つべきなのですけどね。
    もちろん全てとは言いませんが、ここらへんにもリーダーシップの欠如が
    みてとれます。

    レジーなんかは「俺のチームだから負けたら俺の責任」みたいな事言って
    ましたし、ロックアウトの年も自らチームメイトに声をかけて練習をしてた
    なんて話もありました。

    さすがに今の年齢でそこまで求めるのは難しいですが、リーダーシップって
    そういう所にも出てきます。負けてインタビューを拒否してる場合じゃないです。
    チームメイトに自分がリーダーである事を示さないとここから先は成長
    していけない気がしますね。

    世界選手権でメンバーに選ばれながらもほぼ使われなかった悔しい
    思いを忘れたのでしょうか。転倒して前歯を折りながらも戦い続けた
    気力はどこにいったのでしょうか。

    本人がこれ以上を望まないなら別ですが。。。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/759-1587334e
この記事へのトラックバック


New