ゲーム68 @ボストン【NBA_Pacers】

2011年03月17日 12:32

ニックスに2連勝し、良い形でボストンに乗り込みましたが、
連戦の疲れもあったのか、電池切れか、Psycho-Tが伸びず。
シュートが入らないながらもダブルダブルにもっていったのは
成長の証でしょうか。そう思いたいです。

アマレとKGのディフェンス力の違いもあったでしょうけどね。
KGはあまりシュートを打ってこず、ブローのディフェンスが
通用したのかは判断できず。

さすがのセルティックス、序盤はペイサーズがリードを奪っていましたが、
3連続3PTを決められ、一気に持って行かれました。

試合後のロッカールームでは特に不満もなかったようで、
(相手が強いと分かりきっていたから?)前のように
罵倒が飛び交うと言うことはなく、BOSはディフェンスが厳しく
集中していた、とコメントも取れたようです。

正直負けは覚悟していたので、序盤のリードを見ることができた
だけでもマシでしたが、スローペースということもあり、
最初からBOSペースだったということでしょうかね。

次は先日イーストトップに立ったシカゴ・ブルズとの対戦。
こちらも苦戦が強いられますが、ボロ負けせずに、せめて
次に繋がる試合をしてもらいたいですね。
IND 80 - 92 BOS 18624人

Pacers 29-39
D.グレンジャー 15ポイント 4リバウンド 3アシスト
T.ハンズブロー 10ポイント 11リバウンド
R.ヒバート 6ポイント 7リバウンド 4TO
P.ジョージ 15ポイント 7リバウンド 2スティール 3TO
D.コリソン 10ポイント 9アシスト 1TO
 J.マクロバーツ 14ポイント 11リバウンド 3アシスト

Celtics 48-18
P.ピアース 20ポイント 5アシスト
K.ガーネット 10ポイント 4リバウンド
N.クリスティッチ 11ポイント 7リバウンド
R.アレン 12ポイント 3リバウンド
R.ロンド 8アシスト
 J.グリーン 19ポイント 3リバウンド 3ブロック

FG37.5%でFTを相手に20本も多く打たれては適いませんね。
リバウンドは49-36、オフェンスが19個とかなり頑張っていましたが、
伏兵、ジェフ・グリーンにやられた感じがありました。
彼は良い所にいてイージーバスケットをいくつも決めていました。
そこを見ているBOSのメンバーもさすがです。

強いチームというのはボールがよく回りますね~
見習いたいものです。
関連記事


コメント

  1. TOO | URL | -

    Re: ゲーム68 @ボストン【NBA_Pacers】

    さすがに今日はダメでしたかー…ディフェンスがいいチームには苦戦しますね、今シーズンは。

    CHI、ATLも分が悪い印象がありますね。フィジカルが強いチームには対抗できるのはまだまだなんでしょうか…???

    ロンド、KGがさほど得点してないのに12点差で勝てるのはさすがBOSとしか言えないですねー、やっぱりバスケットはディフェンスだと再認識させられます。

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > TOOさん

    なんかBOS相手だと最初のリードも泳がされてるだけという
    印象すら受けますね。。。実際に実力差は雲泥の差ですし、
    若手とベテランの上手くかみ合ったチームは強いですね。

    ヒバートはホーフォード相手になると何故か何もさせて貰えないので
    苦手なタイプがあるのかもしれませんね。
    次のブルズも正直負け試合ではありますが、ライバルも
    厳しい日程でいてくれて助かっていますね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/768-f3c92c43
この記事へのトラックバック


New