Race for 8th spot【NBA_Pacers】

2011年04月03日 10:31

昨日はペイサーズに取ってプレイオフへの追い風が吹いた
一日となりましたが、残り試合数を含めてまたチェックです。
(こういうことをしていないと試合が無い日は落ち着きません)
Chop shot
(先日のブローのチョップ&ショット。器用ですね。)

ペイサーズ 35勝42敗 残り5試合 Conf:26-22 Div:9-7
ボブキャッツ 32勝43敗 残り7試合 Conf:20-25 Div:3-9
バックス 30勝45敗 残り7試合 Conf:22-24 Div:5-9

昨日の勝利でバックスとも勝敗がタイになった為、同率の場合、
ディビジョンでもカンファレンスでも勝ち越しているINDが
有利となりました。(MILがDiv争い、CHAがConf争い)
 :タイブレイカーについて

つまり両チームともINDより1つ多く勝利する必要があります。

INDの残り5試合が
0勝 35-47  CHA:4-3  MIL:6-1
1勝 36-46  CHA:5-2  MIL:7-0
2勝 37-45  CHA:6-1 
3勝 38-44  CHA:7-0 
となります。
1つでも勝てればほぼ王手です。同時に負ける場合もあるのでその場合は
この状況が続くだけですが、INDが不利になるということもありません。
この条件であればプレイオフに進めるはずです。

これ以上の棚ぼた進出を避けて、自らの勝利で
その扉を開けてもらいたいですね。

ウエストのプレイオフ争いチームの応援者には、東はずるいと
言われそうですが、マイケル・ジョーダン時代の不遇が今
報われていると考えると仕方ない、、、、ということにはなりませんね。

それはさておき、あの時代のプレイヤー達はちょっとかわいそうでしたよね。
ジョーダンがいたから優勝できなかったプレイヤーというのは
東西限らずたくさんいるはずです。

今のペイサーズは強いのか弱いのか分かりかねますが、
BOSやCHIに勝ったりと、若さならではの勢いがいい方向で
出てくれればブルズ相手でも1勝は目標にしてもいいんじゃないか
と思います。勝ち上がれるとは思っていませんが。。。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/802-53a1a2f8
    この記事へのトラックバック


    New