1stラウンド ゲーム1 @シカゴ【NBA_Pacers】

2011年04月17日 05:19

ペイサーズ5年ぶりのプレイオフがシカゴで行われました。
今日のヒーローはPsycho-Tことタイラー・ハンズブローでした。
前半は全く目立ちませんでしたが、後半に入ると猛チャージ。
第3Qにリバウンド争いでカート・トーマスに肘打ちを食らいダウン。
一回ロッカーへの通路へ引き上げましたが、第4Qには再びコートへ。
Game1 Psycho-T
7連続得点を一人で稼ぎ、7-0のランで第4Q残り3分38秒に
98-88と10点リードに成功したのでした。

と、ここまでのゲームを省略していましたが、何と
一度もブルズにリードされることなくINDペースだったのです。
そしてこの点差で残り3分強。もしかしたらもしかするのでは、
Player of the Gameはブローで決定なのでは?と思いました。

しかし、リーグ最高勝率のシカゴ・ブルズ。
やっぱりね~なんて感想を試合後に言いたくはなかったのですが
やっぱりね~です。

3分28秒にデンが2本のFTを決めて90-98。
ダニーの3PTが外れてCHIはコーヴァーがショットを
外したものの、ノアに2回のティップを許し結局ポイント。
更にブローのショットが外れ、ファストブレイク気味にノアの
ダンク、ダニーのいらないファール付きでしたがFTは外し、
残り2分27秒で98-94。

その後ヒバートがショットクロックギリギリでファールを
貰いましたがFTは1本しかきめられず。ローズにレイアップと
カウントワンスローを決められて99-97。

コリソンのシュートはミス、
ローズがフローターシュートを決めてついに99-99の同点。

2分で10点差を0にされてしまいました。
再度時間を使ってのコリソンのショットはコーヴァーにブロック。
そしてCHIはローズのドライブから3ポイントラインにいた
コーヴァーへパスアウト。残り48.4秒、これをきめられて
99-102と最悪のパターンで持って行かれました。

最後までINDはポイントを取ることができず、残り3分28秒で
1-16というランを決められて厳しい敗戦。
最後はMcBobのシュートもノアに2連続でブロックされるなど、
終盤の終盤でブルズが本領発揮となりました。

敗因はオフェンスリバウンドを21個も取られたこと。
トータルでも34-49と大幅に負け越し。
そして、レギュラーシーズンのホーム最終戦のニックス戦と
同じように残り3分からの得点が取れなかったこと。

残り3分まではインディアナ・ペイサーズ対デリック・ローズ
でしたが、最後にはシカゴ・ブルズにまとまっていましたね。
ブーザーをファールトラブルに追い込むことに成功して
良いペースでやってきたのですが、完敗です。

初プレイオフのプレイヤーが多い中で一番厳しいパターンの
勉強をさせて貰ったのではないでしょうか。
シリーズが始まる前にはINDがここまでやると予想した人は
ほぼいなかったでしょうけど、試合の終盤にCHIが逆転して
勝つに決まってると思っていた人は多かったはず。

その通りになってしまいましたし、自らの自滅による敗戦の
部分もありますが、今日のペイサーズは本当によく戦いました。
LPBBのお金を払った価値があるというものです。

勢いに飲まれ、意気消沈してスイープという可能性も大ですが
少しは傷跡残せましたかね。まだ終わっていませんが、
ここまで予想を覆したなら1勝位もぎ取って散って欲しいです。

勝率5割にも満たないチームでしたがプレイオフ初戦にふさわしい
試合をしてくれました。
IND 99 - 104 CHI☆ 22986人 BOX

Pacers
D.グレンジャー 24ポイント 6リバウンド 3アシスト
T.ハンズブロー 22ポイント 4リバウンド
R.ヒバート 11ポイント 8リバウンド
P.ジョージ 2ポイント 2リバウンド
D.コリソン 17ポイント 6リバウンド 9アシスト
 B.ラッシュ 7ポイント
 J.マクロバーツ 4ポイント 5リバウンド
 A.プライス 8ポイント

Bulls
L.デン 18ポイント 10リバウンド
C.ブーザー 12ポイント 6リバウンド
J.ノア 10ポイント 11リバウンド 3ブロック
K.ボーガンス 3リバウンド
D.ローズ 39ポイント 6リバウンド 6アシスト 3ブロック
 K.コーヴァー 13ポイント 3アシスト

INDは3PTが10/18と決まり過ぎていました。こんな事はもうないでしょうから
やはり次からは苦戦するでしょうね。TO10個はよく抑えました。

前半好調だったヒバートとコリソンでしたが後半はダニーとブローが
好調でした。ヒバートが後半も目立ってくれればもうちょっと
勝てる可能性が高かったかもしれませんね。

ダニーと同じように前半は不調だったデンも後半に入って3PTを
決め始めました。第3Qのデンとダニーの3PTの応酬にだめ押しをしたのは
決勝3PTを決めたコーヴァーでした。
ローズのチームでありながらやはり周りがしっかりサポートできて
いますよね。さすがトップチームです。伊達に62勝もしてません。

IND相手にこんな試合をしてCHIは改善点多いのかもしれませんが、
試合中に改善してきたあたり、次からはぶれないんじゃないですかね。
INDにとっては厳しいですが、やはり強いです。

しかしハンズブローは確実に男を上げましたね。
途中からのミドルの決まり具合は素晴らしかったです。
関連記事


コメント

  1. グランジャーのGame winner | URL | HpZaVJW2

    勝ちたかった…。
    悔しいです(;_;)

    やはりローズはまともに止められませんね↓↓
    どうにかなりませんかね。ただ「速い」だけでなく体が「強い」のでどうしようもないですよね。

    でも、まだあきらめられない自分がいます!
    アウェーでこれだけの試合ができれば、きっとホームで…

    頑張りましょう。

  2. louis | URL | -

    Re: 1stラウンド ゲーム1 @シカゴ【NBA_Pacers】

    お疲れ様でした。
    シカゴファンの者です。
    ハンズブローもコリソンもいい選手ですね!

    次からもいい試合をよろしくおねがいします

  3. 鹿男 | URL | -

    Re: 1stラウンド ゲーム1 @シカゴ【NBA_Pacers】

    こんにちは。2度目の書き込みをさせて頂きますm(__)m

    まだ結果しか見てないのですが、本当に惜しかったですねぇ。。
    私の応援してるMILも、RSの1試合ではありますが、CHIに超怒涛の反撃を喰らっての敗戦がありました。
    もうローズ様を怒らしては手の施しようがないという。

    本当にハンズブローというのはいい選手ですね。
    シュートもうまいですし、桁はずれに足腰が強いように見えます。
    素人目で恐縮ですが、nextクロウジャー(強化版)という感じでしょうか。
    同じ白人PFという意味では、マクロバーツもいい味を出してて、羨ましいラインアップです。

  4. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > グランジャーのGame winnerさん

    1勝できればいいと思っていましたが、1試合目からその
    チャンスが来るとは思わず、最後まで確信はできませんでしたが
    非常に惜しかったですね。

    まさにローズは速いだけじゃなくて強い。
    レイアップ気味のバンクショットとかコリソンがやっても
    入らないですからね。格が違い過ぎます。

    ホームで1試合取らせてあげたいですね。
    後で思い返してあとちょっとだったのにね、で終わってしまうには
    もったいないです。

  5. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > louisさん

    やはりブルズ強いですね。。。
    残り3分で10点リードした時も全く安心はしていませんでしたが、
    本当に逆転する力を発揮できるのはすごいとしか言いようがありません。

    レギュラーシーズンの出来を考えるとこんな試合が
    出来ただけでも評価に値しますが、INDとCHIでは
    目指している物が違いますね。1勝と優勝では天と地です。

    残り3試合とならないようにお願いしたいところです(笑)

  6. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > 鹿男さん

    本当に惜しかったです。
    しかしレギュラーシーズンにOTで勝利した時も
    大量リードからローズの爆発で延長突入と、ほぼ同じ展開を
    許してしまったのが残念でした。

    やはり止めきれないですね。最後にコーヴァーが持って行きましたが、
    起点は全てローズでしたからね。

    ハンズブローは後半から復活してくれましたが、肘打ち食らって
    少し退いた時間があったのがもったい無かったです。
    戻ってからもシュートタッチは変わっていませんでしたが、
    もしあのまま出ていればもう少しポイント加えられてたかもしれません。

    不運でしたが、この好調を次戦以降も続けて貰いたいです。
    ジェフとMcBobという白人トリオで爆発というのも見たいですね。

    ファイナルに進んだシーズンのクロージアは今のブローとMcBobを
    足して2で割った感じですかね。3PTもリバウンドもあのシーズンは
    ものすごい勢いがありました。この二人がもう一つ階段登ることが
    できればインサイドでもっと良い勝負ができるかもしれませんね。

  7. TOO | URL | -

    Re: 1stラウンド ゲーム1 @シカゴ【NBA_Pacers】

    アウェイで挑戦者の立場ですから今日の試合展開は満足できる内容ですが…相変わらず勝負どころに弱いですね、やっぱりINDです…(笑)

    選手のローテーションが気になりますね…ポールをセカンドユニットで起用の方がオフェンスに厚みが出る気がするんですけどねー。ダンテをスタートにしてディフェンスを頑張ってもらうのが得策だと思うのですが。

    あとジェフをもっと出場させてリバウンド強化してもらいたいです!インサイドのフィジカル面は不利ですから。

    あとコーバーに活躍されたのが痛いですね…ローズ以外のスターターは想定内の活躍でしたし、ローズもFGは高くはないですし。

    この展開を次の試合でも出来れば敵地で1勝も不可能ではないと思っています!所詮CHIもPOの経験は多いとも言えませんし。

  8. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > TOOさん

    まさか初戦からここまで良い戦いを見せてくれるとは思いませんでしたね。
    試合前のロッカールームは静かだったようですが、緊張ではなく集中
    できていたのでしょうかね。

    今日もダンテ使って良い時間が合ったように思いますが、
    彼がスターターでファールトラブルになると困るので
    ラッシュかMDJがスターターでもいいのかなと思います。

    ボーゲルさんはあくまでも10人ローテーションを
    貫くと言っているようですが。

    今日はリバウンドを取られ過ぎましたね。
    これを抑えていれば10点以上の差を付けられたかもしれません。
    CHIのオフェンスがローズ以外不調だった時ももっとリードを
    広げておくべきでした。少ないリードではCHI相手にもちませんね。

    今日の終盤までの出来がシーズンでもトップの活躍だっただけに
    次戦以降接戦にすらできるか疑問ですが、もう一回意地を見せて
    貰いたいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/835-afd14c00
この記事へのトラックバック


New