Day8_プレイオフ1stラウンド 4ゲーム【NBA】

2011年04月24日 20:19

今日は4ゲームが行われました。どの試合も5点差以内という
接戦となりました。中でも今日のスターはブランドン・ロイ。
24点差をひっくり返す大逆転劇の立役者となりました。また、
ザック・ランドルフもミスれば作戦ミスというクラッチ3PTを
決めてスパーズから2勝目を奪いました。

CHI☆☆☆ 84 - 89 IND
 詳細:1stラウンド ゲーム4 vsブルズ
 CHI ジョアキム・ノア 21pts 14reb
 IND ダニー・グレンジャー 24pts 10reb 4ast
---
DAL☆☆ 82 - 84 POR
 ブレイザーズは第3QのFGが3/18で14ポイントしかとれず、
 67-46というマブスリードのロースコアで第4Qへ。さすがに
 この点差は厳しいと思いましたが、PORの選手は一つ一つの
 プレイに気合いが入っていました。終盤はロイが爆発し、
 この日の24ポイントの内、18ポイントをこのQで獲得。
 徐々に点差を詰めて行き、まさかの4ポイントプレイで
 残り1分についに同点になりました。最大23点差をタイに
 戻してしまい、決勝のバンクショットまで決めます。
 その後DALは得点することができませんでしたが、最後の
 キッドからテリーへのパス。あの残り時間で出来る最高の
 形でオフェンスを組みましたね。外れましたが、あのパス
 相当レベル高いと思います。外れてもおかしくない場所から
 シュート打っていましたからね。この試合はとても
 レベルの高い試合となりました。
 DAL ダーク・ノビツキー 20pts 3ast
 POR ブランドン・ロイ 24pts 4reb 5ast
---
SAS☆ 88 - 91 MEM☆☆
 序盤からグリズリーズがリードを奪っていましたが、
 第4Q8分にスパーズが同点に追いつきます。再度MEMが
 リードをし始め、2点リードとなった残り41秒。ボールの
 出しどころの無かったランドルフが3PTを打ち、見事決めます。
 5点リードとなり有利な展開に。ジノビリにFTを2本決められ、
 MEMのオフェンスは失敗、残り6.8秒でSASボールとなりましたが
 タイムアウトは取らず。(なかったのかな?)そのままジノビリが
 上がって行きましたが、ディフェンスが厳しく、何もできずに
 終了。シュートすら打たせないMEMのディフェンスがお見事でした。
 SAS マニュ・ジノビリ 23pts 3reb 5ast
 MEM ザック・ランドルフ 25pts 5reb 3ast
---
OKC☆☆☆ 97 - 94 DEN
 こちらも接戦になりました。残り50秒で94-84とサンダーがリード
 していましたが、J.R.スミスが2本の3PTを決めるなどして残り14秒で
 95-94の1点差にまで迫りました。しかし、その直後にイバカに
 ファストブレイクでダンクを決められ3点差。ラストもスミスに
 託しますがハーデンのディフェンスに阻まれきちんとシュートを
 打てず。審判にファールアピールをしていましたが、覆らず。
 劇的な追い上げもココまでとなってしまい、3連敗。後がなくなりました。
 OKC セルジ・イバカ 22pts 16reb 4blk
 DEN ネネ 15pts 10reb 4ast 3blk
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/853-14a5b64c
    この記事へのトラックバック


    New