サバイバーシリーズ【NBA_Pacers】

2011年04月25日 16:48

まさしく首の皮一枚で繋がり、こんな状況のペイサーズ。
続く
4戦とも同じようなゲーム運びで負けるかと思いましたが、何とか
1勝を手にしました。第4Qに崩れるペイサーズが弱すぎるのか、
最後に追い上げができるブルズが強いのか。恐らく両方とも
正解だと思いますが、最後までエンジンのかかり切らないブルズ
というのもあるのかもしれません。

レギュラーシーズンのCHI-INDの対戦は以下の通り。
 12/13 IND 73 @CHI 92
 1/14 CHI 99 @IND 86
 1/29 IND 89 @CHI 110
 3/18 CHI 108 @IND 115
ペイサーズの1勝3敗は何度か書いたとおりですが、その得失点差は
-19点、-13点、-21点、+7点と勝った試合を含めても平均-11.5点。

しかしプレイオフに入ると、
Game1 IND 99 @CHI 104
Game2 IND 90 @CHI 96
Game3 CHI 88 @IND 84
Game4 CHI 89 @IND 84
順に、-5点、-6点、-4点、+5点と平均-2.5点です。
第3Qまで勝っていて最後に負けた試合とは言え、上出来です。
レギュラーシーズンとは違った彼らがいます。
0423_Game4 Pacers

特に第4戦ではローズ対策がうまく行ったのではないでしょうか。
怪我の影響もあるかもしれませんが、ポール・ジョージと
ダンテ・ジョーンズは良くやってくれています。

ダンテ・ジョーンズ
「我々は彼(ローズ)に心地よくプレイさせないようにしていきたい。
 レイカーズのクリス・ポールに対するディフェンスのようなものだ。
 成功する時もあるし、失敗する時もある。我々はこの勢いを維持して
 ゲームプランを実行するだけだ。」

ダンテが相手PGをマークするのは初めてではありません。
ナゲッツ時代に2009年プレイオフでも経験しています。
この2年間、ロスター入りすらしていないことも多かったですが
そんなダンテについてダニーの発言。
「リーグでも有数のディフェンシブプレイヤーだ。彼はリーグで
 最高のウイングディフェンダーの一人だ。ローズは好きな時に
 得点を取ることができるが、ダンテがそれを難しくするだろう。」
デリック・ローズ4試合のスタッツ
G1 38min 39pts(FG10/23 FT19/21) 6reb 6ast 3TO
G2 39min 36pts(FG11/25 FT12/13) 8reb 6ast 6TO
G3 42min 23pts(FG4/18 FT13/15) 3reb 2ast 4stl 5TO
G4 43min 15pts(FG6/22 FT2/4) 4reb 10ast 4stl 3TO

トータルで見れば素晴らしい成績ではありますが、試合を重ねる毎に
パフォーマンスが落ちています。特にダンテを投入した3戦目以降、
FGの確率が10/40と落ち込んでいます。100%ディフェンスの成果と
言えるとは思いませんが、INDの対策が成功している部分もありそうです。

第4Qで16点リードしておきながらオーバータイムにもつれ込まれたり、
残り3分で10点リードしていても負けたりと、弱さを見せていたINDですが、
ようやく最後踏ん張ることができました。

ダニー・グレンジャー
「フラッシュバックの様なものがあったと思うよ。でもチームを
 落ちつかせようとしたんだ。みんなパニックになってボールを
 回すようになってしまった。冷静さを失い、その結果
 あんなことになってしまった。」

また、TOをして、ボールを持っていないローズにファールし、
FTとポゼッションまで与えてしまったジョシュ・マクロバーツ
「自分のキャリアの中で一番最悪なプレーだったね。あの状況で
 起こりうる最悪のプレーでもあった」

フランク・ボーゲルHC
「我々は若いチームで、いくつもの失敗を犯し、試合も落としてきた。
 しかし、成長は続いている。今日は素晴らしい1勝を手にすることが
 できた。これは成長の証だ。
 3連敗から4連勝したチームがないことは知っている。だが、このチーム
 がその記録を作ろうとしている。まだシーズンは終わっていない。」

カイル・コーヴァー
「3連勝したにも関わらず、良いゲームをすることができなかった。
 これは現実をチェックする為の時間なんだ」

フランク・ボーゲルHC
「ペイサーズファンの応援しか聞こえなかったし、赤い服なんて目に
 入らなかった。黄色と青だけだったよ。私に聞こえたのは
 ペイサーズチャントだけだったよ」

ロイ・ヒバート
「3試合もクローズアウトできないゲームが続いたけど、ようやく
 辿り着いた。我々は強く、勝てるという事を証明できた。」

コーヴァーの言う通り、これでブルズが息を吹き返す確率は
相当高いと思っています。これまでのような接戦ではなく、
圧勝されるかもしれません。
ブルズにとってもこの敗戦が活かされると思います。

ペイサーズが1999年のプレイオフで7連勝(当時の1stラウンドは
5戦方式)でカンファレンスファイナルに進んだところ、8位の
ニックスに2勝4敗で敗れて敗退。

2008年にキャブスが8連勝でカンファレンスに進みましたが、
マジックに2勝4敗で敗退。

更に2009年にマジックが8連勝でカンファレンスファイナルに進むと
セルティックスに2勝4敗で敗退。

一度も負けずに勝ち進むと負けた時の立て直しが出来なくなる
ということもあるそうです。まぁ、こういうデータを引っ張り出して
きただけではありますが(笑)

INDにクローザーがいれば4連勝も的外れな展開ではなかったのが
惜しい所ですが、現状では期待以上にやってくれています。
次で終わる可能性もありますが、今のうちに褒めておきたいです。
というか、感謝です。最低4試合多く観戦できると思っていましたが
5戦まで伸ばしてくれました。更に増えることを祈りつつ、次の
シカゴでのゲームを楽しみに待ちたいと思います。
関連記事


コメント

  1. びょん | URL | -

    Re: サバイバーシリーズ【NBA_Pacers】

    今できる最高のプレー、最高の集中力を発揮したい、ソウ願ってプレーしているように、若いINDの選手たちからはそういう熱意が感じられていいですよね。羨ましい限りです。
    ゲーム5が本当に楽しみです。

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > びょんさん

    ダニー以外のスターターが全員初プレイオフの中で
    ジェフのずしっと構えた態度がすごく頼りになります。
    ハードファールでブルズファンから見たらダーティーに
    映るかもしれませんが、これがプレイオフの戦い方ですね。

    試合終盤に若さがでまくっていますが、よい経験だと思いたいです。

  3. タツヤ | URL | g8h8hqSc

    Re: サバイバーシリーズ【NBA_Pacers】

    はじめまして、
    ブログ楽しみに読ませてもらってます。

    ダニーの貫録。ブロウのひたむきさ。
    ジェフの骨太さ。そして皆の必死さが伝わってくる
    負けて糧の得られる素晴らしいシリーズですね。
    こんなINDを待っていたのだと思います。
    なんとかもう一度コンセコに戻ってきて欲しいものです。

  4. NAK | URL | uaIRrcRw

    素晴らしい記事ですね♪

    こんばんわ、NAKです。

    INDやりましたね!ちょっと感激です!

    記事拝見しました。ご指摘の通り、相変わらずINDは4Qに勝負弱いですよね。それでもレギュラーシーズンとの得点差の変化には、大変びっくりしました。少なからず成長の証を見せてくれてますよね!やはりプレイオフに出場するっていう事は、大きな意味を持ちますよね。

  5. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > タツヤさん

    はじめまして!コメントありがとうございます。
    ジェフがものすごく頼りがいがありますね。
    今シーズンの頭はリバウンドを期待していただけでしたが、
    ディフェンスでも活躍してくれています。

    本当にもう一回ホームでの試合を見たいですね。

  6. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > NAKさん

    80点台に抑えられてるという時点でブルズペースなのでしょうけど
    その中でも健闘している方だと思います。点の取り合いをすれば
    勝てるという保証もありませんしね。
    この4試合を接戦で終えたというのは本人達にとっても自身に
    繋がるはずです。

    今までINDを全く知らなかった人も、ブルズ相手に善戦しているという
    ことだけは伝わるでしょうし、人目に触れる機会も多少増えると思います。
    それで少しでも来季の集客に繋がればいいな~と思います。

  7. トガイソーjr. | URL | s3HguPI.

    Re: サバイバーシリーズ【NBA_Pacers】

    意外と言っては失礼ですが毎試合こんな接戦が続くとは・・
    多くの人が驚いていると思いますよw
    とても8位とは思えない内容ですよね
    伸びしろがあるという意味では今後も期待できるチームだなと思いました

  8. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > トガイソーjr. さん

    INDファンにとっても意外です(笑)
    たまに爆発することはありましたが、4試合連続で
    好ゲームするとは思いもしませんでした。

    1試合位良い試合をさせてもらえればいいなと
    思っていた程度だしたので・・・
    締め方さえ間違わなければアップセットの可能性も
    あったというのは残念なことではありますが。

  9. TOO | URL | -

    Re: サバイバーシリーズ【NBA_Pacers】

    成長はしているのでしょうが、まだまだと自分は思っています…。

    各選手試合によってムラがあるのは相変わらずですし、ホントに強いチームはそれでも結果出しますからねー。

    今より上にステップアップするにはディフェンスを改善しないと厳しいですねー。オフェンスリバウンドをサクサク獲られている様では…。

    経営陣、HCがチームの方向性の転換期と捉えてくれれば…現状でもPO1回戦くらいは勝ちぬけるメンバーがいると思っています!

  10. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > TOOさん

    もちろんまだまだです。
    ただある程度方向性は見えたかなと思います。
    MDJとラッシュは放出でも構いません。ラッシュは3シーズン
    いつか開花するだろうと期待してきましたが、ダンテと
    ポールがいる以上使えないですね。彼を使ってトレードという
    案は悪く無いように思えます。

    あとは中途半端な成功でHCが変わらずに
    セットオフェンスの改善が進まないというのも困りますね。
    せめてACで指導力のある人が加わってくれる等があればよいですが。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/855-447de45a
この記事へのトラックバック


New