Day10_プレイオフ1stラウンド 3ゲーム【NBA】

2011年04月26日 16:51

今日はサンダーがナゲッツをスイープする可能性がありましたが、
ナゲッツが維持を見せて踏みとどまりました。これでセルティックス
以外は全て5戦目が必要となりました。

そしてグリズリーズ。何とウエスト1位のスパーズ相手に王手です。
次戦で勝ち抜けとなるでしょうか。今日の終盤の勢いはすごかったです。

SAS☆ 86 - 104 MEM☆☆☆
 前半は48-50スパーズ2点リードの互角の戦いをしていたと思ったら、
 後半に入り、14-0ランでグリズリーズが勢い付きはじめます。SASも
 5点差にまでは追い詰めましたが、そこまででした。第3Qが終わる頃には
 65-78と13点差にされてしまいました。第4QSASはジョージ・ヒルが
 ポイントを決めましたが、メイヨが3PT、ダレル・アーサーがブロックから
 一気に走り込み、メイヨからのアリウープパスを受けて見事成功。
 その後もジャンプショットを決めるなど、攻守に渡ってアーサーが
 目立ちました。残り6分を過ぎて20点リードされるとポポビッチも白旗。
 主力を下げてベンチメンバーを出しました。その後もMEMリードは
 変わらず。3勝目を手にしたMEMでした。SASはダンカンが6ポイント。
 SAS トニー・パーカー 23pts 3reb 7TO
 MEM マイク・コンリー 15pts 7ast
---
POR☆☆ 82 - 93 DAL☆☆☆
 前の試合で23点差をひっくり返したブレイザーズでしたが、
 マブスのホームでそうは行かず。第4Q残り4分で69-89と
 20点ビハインドとなってしまいました。残り1分までに
 80-91と10点差にしましたが、残り時間も少なく敗戦。
 もうちょっと早く追い上げが始まっていればまた逆転劇が
 起こったかもしれません。
 POR ジェラルド・ウォレス 16pts 9reb
 DAL タイソン・チャンドラー 14pts 20reb
---
OKC☆☆☆ 101 - 104 DEN
 第4Qまで接戦だったようですが、ナゲッツが3PTで突き放しに
 かかります。ハイライトでもあったように、ウエストブルックの
 レイアップ失敗後、戻るのが遅くてタイ・ローソンに走られ、
 結局3PTを決められてしまうという集中力のないプレイがありました。
 ただでさえスピードの速いローソンから目を離してはいけませんね。
 残り15秒でもエアボールの3PTを打ってしまうなど、精彩を欠いた
 ようです。デュラントが3PTを決めてファールゲームに持ち込む物の、
 DENの逃げ切り。このシリーズ初勝利を収めています。
 OKC ラッセル・ウエストブルック 30pts 6reb 5ast
 DEN タイ・ローソン 27pts 3reb 3ast
---
・ローズは第5戦出場濃厚
・同じく足首を捻ったコービーも出場するだろうとのこと
・シャックは復帰間近だけど日程は不明
関連記事


コメント

  1. グランジャーのGame winner | URL | HpZaVJW2

    こういう言い方はひどいのですが、スパーズはシーズンの必死さが水の泡になりそうですね…。
    スパーズ王朝復活かとか言われていましたが、1番最悪な形で終焉しそうですね。

    シーズン60勝しても1回戦で負けるなら、37勝で1回戦負けのほうがダメージは少なそうですよね。

    ただ、ペイサーズの負けかたはスパーズよりは全然、良い気がしますね。

    衰退と躍進は紙一重だと感じました。

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > グランジャーのGame winnerさん

    経験豊富なHCと選手がいるチームですから次からの
    巻き返しも不可能ではないと思います。相当厳しいですが。。。

    しかし、もうちょっと順調に進んでいけないと
    先が厳しいかもしれませんね。ウエスト勝率トップで
    ファーストラウンド敗退は精神的にもきますよね。
    次の試合のスパーズは要チェックですね。
    息を吹き返していればグリズリーズを飲み込んでしまう
    力はあるはずですので。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/857-264f640a
この記事へのトラックバック


New