Day13_プレイオフ1stラウンド 3ゲーム【NBA】

2011年04月29日 21:20

今日行われた3試合は、全てセミファイナル進出チームが
決まる結果となりました。怪我人に泣いたブレイザーズ、
ホーネッツがここまで戦ったのはすごいことですね。
また、シーズン中にトレードを行ったマジックでしたが、
4,5位とアップセットと呼ぶには差が少ないですが、
まさかの一回戦敗退。ドワイトが生涯マジックを
貫くかどうかが今後話題となるかもしれません。

ORL☆☆ 81 - 84 ATL☆☆☆☆
 第4Qに一時11点リードをしていたホークスですが、
 終盤には1点差まで詰め寄ったマジック。最後も
 レディックがフリーで3PTを打つチャンスがありましたがミス。
 更にラストプレイでマジックボールとなりましたが、
 ジョシュ・スミスが見事ブロック。マグナムさんのいる
 ATLが昨年のスイープのリベンジを果たしました。
 ORL ドワイト・ハワード 25pts 15reb 3blk
 ATL ジョー・ジョンソン 23pts 10reb 4ast
---
LAL☆☆☆☆ 98 - 80 NOH☆☆
 第3Qから徐々に点差を付け始めたレイカーズが
 そのまま突っ走り18点差で勝利。初戦を落として
 どうなるかと思いましたが、結局4勝2敗で駒を進めました。
 シーズン終盤にウエストを怪我で欠いたホーネッツでしたが
 ここまでよく戦いました。
 LAL コービー・ブライアント 24pts 3stl
 NOH クリス・ポール 10pts 8reb 11ast
---
DAL☆☆☆☆ 103 - 96 POR☆☆
 第1Qは19-27でブライザーズ攻勢でしたが、
 第2Qが終わった頃には52-43でマブスが逆転。
 13点差で第4Qを迎えましたが、今日は23点差をひっくり返した
 ローズガーデンでの試合。何が起こってもおかしくありません。
 残り5分24秒にウォレスのダンクで86-85と1点差にします。
 しかし直後にキッドが3PT、さらにPORはオフェンスに失敗し、
 テリーも2点を決めて91-85。PORが決めてもDALが
 お返しをし、点差は縮まらず。お互いにクラッチタイムだと
 いうのにどれだけ決めるんだという決め合い。
 しかし勝利を収めたのはDALでした。
 PORもシーズン中怪我人に悩まされましたが、プレイオフにも
 出場し、熱戦を繰り広げてきました。来シーズン健康な
 PORが見たいですね。
 DAL ダーク・ノビツキー 33pts 11reb 4ast
 POR ジェラルド・ウォレス 32pts 12reb
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/863-0f1c68c0
    この記事へのトラックバック


    New