Day17_プレイオフ2ndラウンド 2ゲーム【NBA】

2011年05月03日 22:29

今日はブルズ-ホークス戦の前半と、レイカーズ-マブス戦の
最後しか見ることができませんでしたが、両方とも下位チームの
勝利という2試合が行われました。

ATL☆ 103 - 95 CHI
 トム・シボドーHCがコーチ・オブ・ザ・イヤー、デリック・ローズが
 MVPを獲得したブルズでしたが、第1Q序盤から9-0の猛攻を
 仕掛けられてしまいました。そのまま一方的な展開になるはずもなく、
 逆転に成功しましたが、第3Q終了間際にATLが逆転。
 第4QもATLにペースを握られ、追いつくこと無く終了。
 しかも最後の最後でローズが足を捻るという最悪の結末。
 あの場面はもうディフェンスにつく必要もあまりなかったため、
 本当に残念な終わり方でした。怪我の具合は不明ですが、
 試合が決まってしまったらスターター選手は下げてしまった方が
 良いかもしれないですね。。。
 ローズにFTを1本も打たせなかったディフェンスはお見事です。
 ATL ジョー・ジョンソン 34pts 4reb 3ast
 CHI デリック・ローズ 24pts 5reb 10ast
---
DAL☆ 96 - 94 LAL
 第2Qの終盤からLALが勢いに乗り始め、第3Q序盤には
 44-60とリードを広げていたので、これはLAL勝つかなと
 思っていましたが、71-78まで点差を縮めて第4Qへ。
 決めて決められてを繰り返して、徐々に点差を詰めて行くDAL
 でしたが、残り1分を過ぎても逆転できず。
 残り20秒、LAL1点リードで迎えたDALのタイムアウト明け、
 ボールを貰う際にガソルがノビツキーにファール。FTを2本決められ
 終盤にようやく逆転成功。直前のコービーのアタックからの
 パスアウトがカットされたのも厳しかったですが、この後も
 インバウンドパスでまたTO。キッドにFTを与え、1本決められて
 残り3.1秒で96-94のLAL2点ビハインド。
 最後はコービーが3PTを打ちましたが決まらず。
 終盤のTOが大きく響いて初戦を落としてしまいました。
 コービーのTO、ガソルのファール、インバウンドパスのミス。
 こんなにミスが続くかという位の悪い出来。
 しかし、第4Qのコービーとノビツキーの決め合いは見事でしたね。
 二人とも滞空時間が長く感じられました。
 DAL ダーク・ノビツキー 28pts 14reb 3ast
 LAL コービー・ブライアント 36pts 5reb
 LAL パウ・ガソル 15pts 11reb 7ast
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/871-88d048a2
    この記事へのトラックバック


    New