Day24_プレイオフ2ndラウンド 2ゲーム【NBA】

2011年05月10日 15:24

今日は2試合ともオーバータイムという熱戦となりました。
特にサンダーvsグリズリーズは3OTまでもつれる大接戦。

MIA☆☆☆ 98 - 90 BOS
 前の試合で左腕を脱臼したロンドは分厚いサポーターを
 巻いて登場。一方のヒートも怪我で欠場していたハスレムが
 久しぶりの登場。第4Q3分を切ってから、デロンテ・ウエストの
 3PTで81-81の同点に追いつき、レイ・アレンの3PTで3点リード。
 しかし直後にレブロンが3PTを決めて再度タイへ。
 レブロンとピアースがレイアップをそれぞれ決めましたが、
 決勝点は生まれず、86-86でオーバータイムへ。
 ここからはヒートが先制し、ウェイドの無理な体勢からの3PTも
 決まり、7点連取。ボッシュのティップもあり、延長で4点しか
 取れなかったセルティックスが王手をかけられました。
 MIAは3人で83点。他のメンバーで15点しかとれていませんが、
 これがこのチームのバランスでしょうかね。
 MIA レブロン・ジェームズ 35pts 14reb 3ast 3stl
 MIA クリス・ボッシュ 20pts 12reb
 BOS ポール・ピアース 27pts 8reb 3ast
---
OKC☆☆ 133 - 123 MEM☆☆
 自分は1回目のオーバータイムから見たのですが、
 第4Q残り2分時点ではサンダーが96-89で7点リードしていました。
 そこからガソル、ザックが決めて3点差。パーキンスへのファール
 ゲームは見事成功し、FTを2投失敗。メイヨもショットを外し、
 OKCボールとなりますが、ウエストブルックのシュートをガソルが
 ブロック、コンリーが残り3.5秒の3PTを決めてOTへ。
 1回目のOT、2分12秒にデュラントが3PTを決めて105-98と
 7点リード。これは厳しいかと思いましたが、メイヨが3PTで
 お返し、しかしデュラントが2点を更に決めて107-101。
 MEMはオフェンスリバウンドを拾い、再度メイヨの3PT。
 ナイスDでデュラントからボールを奪い、ザックが2本のFT。
 これを2本とも決めて107-106残り48秒。OKCのオフェンスは
 またしてもTOでコンリーが3PTを打ちましたがミス。今度は
 ウエストブルックにFTを与えてしまいます。きっちり決められ、
 109-106。残り16秒で万事休すかと思いきや、伏兵バスケスの
 3PTが決まり9.4秒で109-109の同点。デュラントが3PTを打ちましたが
 外れて2回目のオーバータイムへ。
 2回目はお互いに決めていきます。バスケスが3ポイントプレイを決めれば
 ハーデンが3PTでお返し。ガソルがティップインで2点リードしましたが、
 ウエストブルックがジャンプショットを決めて119-119。
 MEMはオフェンスリバウンドを拾いましたが、決めきれず。
 OKCはウエストブルックに託しましたが、ミス。3回目のOTへ。
 中盤までは競っていたのですが、徐々にMEMに疲れが見え始めます。
 OKCはやはり最後デュラントが決めはじめ、MEMはザックで
 攻めようとしましたが、ボールを簡単に失ってしまい、
 デュラントにミドルを決められて131-123。もう追い上げる力は
 残っていませんでした。最後は10点差が付きましたが壮絶な試合でした。
 OKC ラッセル・ウエストブルック 40pts 5reb 5ast
 OKC ケビン・デュラント 35pts 13reb 4stl
 MEM ザック・ランドルフ 34pts 16reb
 MEM マルク・ガソル 26pts 21reb 3ast
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/884-e0c69326
    この記事へのトラックバック


    New