ダニー・グレンジャーの6thシーズン【NBA_Pacers】

2011年05月10日 22:54

小さい頃のヒーロはバットマンとスーパーマン、
バスケットボールプレイヤーになっていなかったら
プロのスキューバダイバーになっていたと答えたダニー。
クリームソーダが大好きだそうです(笑)
10-11 Danny Granger
周りのプレイヤーが育ってきたこともあり、個人スタッツは下がりつつある
エース。チームの方針もペリメーターからポストへ変換し、ダニーも
それに対応しなければならなかった。
3年連続でチームの得点王(20.5)ながら、08-09シーズンの25.8ptsよりは
減少。これは先にも挙げた周りの成長も関わってくるのでこの数字だけを
見てどうこうは言えないですが、FG42.5%はキャリア最低。ダニーの活躍が
チームを勝利に導くことは明らかで、彼が16ポイント以下だった20試合で
チームは2勝18敗と大きく負け越しています。

HCがオブライエンからボーゲル氏に代わり、ダニーの3PT試投は減り、
ペネトレーションやポストアップが増えました。3PTアテンプトは
5.8から4.5へ減り、FTアテンプトは5.5から6.4へアップ。

しかし、ダニーはレジー・ミラーよりも早いペースで3PTを
決めています。(アテンプトもそれ以上に多いですが)
二人の6シーズンでの成績は
ダニー:808/2099(38.5%)、レジー:714/1860(38.4%)
となっています。これからはアテンプトも成功数も減ると思われますので
レジーを抜くのは難しくなるかもしれませんね。

ダニーの契約は13-14シーズンまで残っています。
ヒバート、ポール、コリソン、ハンズブローらが成長し、
ダニーは役割分担を変えて行く必要がありますが、これがすんなりいけば
プレイオフで勝てるチーム作りも成功していくかもしれません。
優勝を狙えるかどうかはFAやトレードで大物を取れるかによりますが、
そんな日が来るのかな~と想像つきません。

しかしインディアナ・ペイサーズを応援しつづけます。

昨シーズン 62G 62GS 36.7min
 24.1pts 5.5reb 2.8ast 1.5stl FG.428 3PT.361 FT.848
今シーズン 79G 79GS 35.0min
 20.5pts 5.4reb 2.6ast 1.1stl FG.425 3PT.386 FT.848
プレイオフ 5G 5GS 36.6min
 21.6pts 5.6reb 3.2ast 1.2stl FG.478 3PT.348 FT.875
今シーズンの対ブルズ戦 3G 3GS 36.7min
 20.0pts 6.0reb 2.3ast 0.7stl FG.367 3PT.500 FT.818

こうやって見るとダニーは苦手ブルズ相手にプレイオフよく頑張りましたね。
ポイントはあまり変わりませんがFTがアップしています。
まぁ、シリーズ終了後に「ノアは汚いプレイヤーだ」とぼやいていた
(McBobをかばった事実もありますが・・・)のは余計でしたし残念でしたね。
それでもあまりメディアに取り扱われないのはスモールマーケット故の
良い部分でも悪い部分でもあります。

フル出場とはいきませんでしたが、過去2シーズン怪我をして67G、62Gと
少なかったので79ゲームに出場してくれたのは良かったです。
もうちょっとアシストが増えてもいいのかなと思いますすが、これまでの
シーズンよりもディフェンスを頑張っているなと目に見えて分かる場面も
増えました。もうちょっとディフェンス面でレベルアップしてくれれば
チームとしてもまとまれるかもしれません。あとはクラッチ時の決定力を
付けてもらえれば文句無しなのですが。
ここはポール、ヒバート、ブロー、コリソンにも成長してほしい部分です。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/886-a155b456
    この記事へのトラックバック


    New