ラリー・バード続投【NBA_Pacers】

2011年05月11日 11:41

ペイサーズのラリー・バード社長の続投が決定したようです。
自信の再建プロジェクトの結果を見守るチャンスを得ました。

LAでオーナーのハーブ・サイモン氏と面談をし、決定。
バードの契約最終年だった今年、2006年以来となる
プレイオフ進出に成功し、28歳のベテランスターターであるダニー、
25歳以下のヒバート、コリソン、ポール、ハンズブローと
チームの将来は明るい。
また、GMのデイビッド・モーウェイ氏の継続も併せて発表されました。

サイモン氏
「ラリーが継続して我々の目標に向かって協力してくれることを
 嬉しく思うよ。」

今シーズンの序盤、ジム・オブライエンの元で17勝27敗と非常に厳しい
成績でしたが、暫定HCのフランク・ボーゲルに変更し、20勝18敗と
立て直しに成功。プレイオフに出場し、勝率トップのシカゴ・ブルズ
相手に4勝1敗でチャレンジを終えた。

おそらくペイサーズは37歳のHCの継続を決定するだろうと言われています。

ラリー・バード
「我々のグループのコアを崩すことなく、一緒に仕事をすることを望んでいる。
 最優先事項はコーチスタッフのことだ。」

サイモン氏
「彼は3年間での再建を提示し、それをやり遂げた。タフな仕事だっただろうけど
 3年でプレイオフに戻ると約束し、実際にそうなった。彼の努力の賜だ。」

バードは2003年にチームの社長として雇われ、当時CEOだった
ドニー・ウォルシュとその決定権を共有していた。2004年の
デトロイトでの乱闘があり、せっかく作り上げたチームを解体せざるを
得なかった。

その後、ウォルシュ氏が退任し、07-08シーズンから最高権力者となった。
07-08:36勝46敗、08-09:32勝50敗、09-10:32勝50敗
そして今シーズン37勝45敗で良いとは言えないながらも最高成績を収めた。

ラリー・バード
「最後の数ヶ月は若者の成長や、プレイオフ進出をかけた戦い、
 プレイオフでのブルズとの熱戦を見ることができて、この仕事に
 ついて以来最高に楽しかったよ。我々がやってきたことは
 間違ってなかったんだ。このチームはもっと良くなるし、
 次のレベルへ進むことができるはずだよ。」

続きで社長就任以来の思い出話。
2008年7月9日 ドラフト
 JOとネイサン・ジャワイ(41位)をラプターズのフォード、
 ネステロビッチ、バストン、ヒバート(17位)とトレード。

同日
 アイク・ディオグとジェリッド・ベイレス(11位)を
 ブレイザーズのジャック、McBob、ラッシュ(13位)とトレード。
 この時ベイレス獲得に沸いたペイサーズファンが多かったようですが、
 直後のトレードにビックリしたという話題があったような気がします。
 バードは後日、「元々ラッシュを狙っていた。PORと話をつけて
 うちがベイレスをあげるから13位でラッシュを取ってくれと
 話をつけた。」これは12位で取られたとしてもINDはベイレスを
 キープすればいいだけなので損しない話でした。更に「ラッシュの
 順位を2つ下げることに成功した。契約金も節約さ」
 と優れたトレード術を見せたのでした。

2008年10月10日
 問題児ショーン・ウィリアムスをマブスのエディー・ジョーンズと
 将来の2巡目指名権とトレード。エディは試合をせずに引退。

08-09シーズンはダニーの成長とMDJの活躍がありました。
二人ともMIP候補になり、ダニーは見事受賞、MDJもトップ10に
入っていたそうです(初めて知りました)。二人とも1500ポイント以上を
獲得し、90年代初期にレジーとデトレフ・シュレンプ以来の記録となりました。

2009年ドラフト
 13位でタイラー・ハンズブロー、52位でA.J.プライスを指名

2009年
 ダンテ・ジョーンズと4年契約
 ソロモン・ジョーンズと2年契約
 アール・ワトソンと1年契約
 ジャマール・ティンズリーのバイアウトが成立
 FAだったジャックとネステロビッチは揃ってラプターズへ

2009年9月16日
 オーナーのメルビン・サイモン氏が死去

09-10シーズン
 ルーキーのハンズブローが耳の病気で早々にシーズンアウト
 ジェフも怪我で欠く中4年連続で5割を下回る成績

2010年5月
 A.J.プライスがチャリティーゲームで膝を故障、手術
 保証無しの契約の為、カットされる心配もありましたが、
 トレーニングキャンプまでに復帰

2010年ドラフト
 10位でポール・ジョージ、40位でランス・スティーブンソン
 51位でマグナム・ロールを指名(57位指名のライアン・リードとトレード)

2010年8月11日
 ダレン・コリソンとジェームズ・ポージーを獲得
 4チーム間トレードでINDはトロイ・マーフィーを放出

2010年シーズン前
 ランス・スティーブンソンがの恋人を階段から突き落とし逮捕
 ブランドン・ラッシュが薬物規定違反で開幕5試合の出場停止
 マグナムさん確保の為に2対1のトレードを模索するものの失敗
 結果マグナムさんがカット

2010年11月9日
 ホームでのナゲッツ戦、第3QのチームFGが20/21で54ポイント
 144-113で歴史的勝利
関連記事


コメント

  1. TOO | URL | -

    Re: ラリー・バード続投【NBA_Pacers】

    来シーズンに向けて首脳陣が決定出来たのはいい傾向だと思います。

    ドラフトは悪くないですが…トレード、FAでいい補強が出来ればバートの評価も上がりそうなきがするんですけどね…。

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > TOOさん

    振り返ってみると、ドラフトに関しては高い順位でないながらも
    そこそこの引きがありますよね。プライスも2巡目とは思えない
    良い選手に育ちました。ヒバートとラッシュの獲得のトレードは
    お見事です。

    マーフィー、MDJを良い時期に放出することが出来なかったのが
    残念でしたね。マーフィーは運良くコリソン獲得に繋がりましたが。。。
    McBobとメイヨのトレードを成功させることが出来なかったのも
    今となってはもったいないです。失敗して結果的にMcBobが
    やりにくくなってしまった可能性もありますしね。

    後はHC交代が遅すぎた事くらいでしょうか。

    今オフはサラリーが空いて補強が焦点となりますので
    うまいことやってほしいです。

  3. TOO | URL | -

    Re: ラリー・バード続投【NBA_Pacers】

    マーフィー、ジュニアは完全に不良債権でしたからね…(汗)

    獲得したものの成長も見れず、しかも放出に時間かかったのが惜しいですね。なんとかコリソンは獲得出来ましたが。

  4. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > TOOさん

    マーフィーのトレードは本当にラッキーでしたね。
    放出した直後に怪我もしてスタッツすら残せない選手に
    なってしまいましたし。。。最低限のことは出来ましたが、
    数字を残してる時にトレードもできたはずでした。

    マイクも1000万ドル明けられるのに有効活用出来なかったのが
    残念です。サイン&トレードで欲しがるチームもないでしょうし。。。

    しかし未来は明るいと思うので期待しましょう!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/887-7b2010cd
この記事へのトラックバック


New