ジェームズ・ポージーの12thシーズン【NBA_Pacers】

2011年05月19日 23:30

若手中心のペイサーズにとって重要なベテラン、
インディアンハットが何よりも大切で、オバマ大統領と
対面したいと思っているポージーおじさん、略してポジさん。

マイアミとボストンで2回の優勝経験のあるジェームズ・ポージーに
ペイサーズが期待したものは経験とベテランとしてのリーダーシップで
若い選手たちを手助けすることであった。コーチがオブライエンの時は
コンスタントにベンチから出場していましたが、ボーゲルに変わると
出番はなくなってしまいました。
10-11 James Posey
ナイスディフェンダーでありチャージングを貰うプロ、オフェンスでは
しっかりとした役割があった。ペイサーズのポジションの事情により、
ポージーはPFでの出場が多かった。それがディフェンスの際に
サイズ不足とリバウンド能力が足りず、あまり機能する事がなかった。
彼はこれまでのキャリアで殆どをウイングプレイヤーとして
活躍してきたが、ペイサーズはウイング過多。

そして彼のオフェンスの役割とは3PTを打つ事。
今シーズン241本のFGの内、実に212本が3PTだった。
3PTを打つ確立が88%でこれは1シーズンにおける
NBAレコードらしいです。

彼にとってインディアナは良い場所とはなり得ていませんが、
来シーズンも契約が残っています。彼が生き残るには
ブルース・ボーウェンの様に、ディフェンスと3PTの
スペシャリストとして存在感を示さなければなりません。
若手の成長で今後も厳しくなると思いますが、
ベテランならではの味が必要になるときもありますからね。

優勝請負人がプレイオフまで導いてくれたのかもしれません。
彼から教わる事は何でも吸収しておいて欲しいですね。

昨シーズン 77G 2GS 22.5min
 5.2pts 4.3reb 1.5ast FG.365 3PT.335 FT.825
今シーズン 49G 17.1min
 4.9pts 3.0reb 0.7ast FG.336 3PT.316 FT.733
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/912-cac6538b
    この記事へのトラックバック


    New