Day34_ウエスタンカンファレンスファイナル ゲーム2【NBA】

2011年05月20日 15:05

ウエスタンカンファレンスファイナル第2戦がダラスで行われ、
マーク・ジャクソン、ジェフ・バン・ガンディ、マイク・ブリーンに
よるESPNでの放送がありました。
WCFG2_ESPN.png
第1戦はノビツキーの神がかり的なシューティングタッチで
マブスが初戦をモノにしましたが、今日はサンダーのベンチ陣が
奮闘しました。
逆に前の試合好調だったテリーとバレアは二人で19ポイント。
3PTを4/7で沈め、23ポイントを取ったハーデン一人の
ポイントにも追いつきませんでした。

スコット・ブルックスHC
「スタッフを含めた我々全員がジェームズ(ハーデン)について
 やれる男だと自信を持っていた。そしてビッグプレイをしてくれたね。
 彼はただのスポットシューターではなくて、ペネトレイトも
 できるし、プレイメイカーでもある。今日はその全てを
 こなしてくれたね。」

接戦のまま最後まで来ましたが、第4Q中盤以降サンダーが
徐々にリードを広げ始めて逃げ切りました。マブスが
6点ビハインドの時にノビツキーが3本のFTを得ましたが、
2本しか決められず4点差止まり。ここで3本決めていれば
もう一波乱起こったかもしれません。

OKC☆ 106 - 100 DAL
 これで東も西も1勝1敗となり面白くなりそうです。
 ゲーム1でのベンチポイントはDAL53、OKC22。
 ゲーム2ではDAL29、OKC50と逆転。このシリーズは
 ベンチメンバーの出来がモノを言うかもしれません。
 もちろん両エースの活躍も必要となってきますが。
 チーム全体でFGを55.7%という高確率で決めたOKCはお見事でした。
 OKC ジェームズ・ハーデン 23pts 7reb 4ast
 DAL ダーク・ノビツキー 29pts 5reb 5ast

---
追記
 試合を見ていなかったので分かりませんでしたが、OKCは
 第4Qにウエストブルックを起用しなかったようです。
 出場時間の割にTOも多かったせいもあるのでしょうけど、
 この試合だけなのか、今後もそうなるのかが気になりますね。
関連記事


コメント

  1. cdc | URL | y5ou25a6

    Russ出場時はボールの回りが悪く、単調なペネトレイトを繰り返してましたね。今POは彼にとっては批判が相次ぎ大変ですね。シュートを打ち過ぎるという難点に注目が集まってますし、KDらを活かせないとPGとしてもチームとしても死活問題です。今後起用法を巡ってトラブルにならないといいですが、今のままでは危ういかもしれません。

    解説者には、分裂してしまったKGとマーブリーのコンビに例える者もあるとか…。

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > cdcさん

    BSで見ましたが今日はメイナーが時間の使い方もチームメイトの使い方も
    うまかったですね。ハーデンの活躍っぷりが相当印象的です。

    ダブルエースでここまで強くなってきましたが、
    やはりOKCはデュラントのチームですからね。
    ウエストブルックが我慢出来ずに出て行くことになったら
    今後どこに行っても問題が出てくるのかなと思います。
    彼中心にチームを作る所があるでしょうかね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/914-38f8cf51
この記事へのトラックバック


New