Day39_イースタンカンファレンスファイナル ゲーム4【NBA】

2011年05月25日 14:45

イースタンの頂上決戦第4戦目が行われました。
ECFG4_TNT.png
第4Qをブルズリードで迎え、最初にFTの1点で69-63と
6点位リードでしたが、レブロンのレイアップとマイク・ミラーの
3PT、ジャンプショットで7点連取し、68-69とヒートが
リードを奪い返します。

逆転したりされたりでお互いに点を決めつつ、時間が
過ぎていきますが、CHIはちょっとTOが多かったですかね。
残り1分26秒にブリュワーのFTが2本決まり、85-84と
CHIリード。するとMIAはボッシュがジャンプショットを決め
逆転。CHIはローズがファールを貰いFTを得ますが、
1本目をミス。2本目を決めて85-85の同点。
結果論ですが、このFTミスが明暗を分けました。
ウェイドとローズがそれぞれシュートを外すと
MIAが残り23秒でタイムアウト。明けてボールはレブロンが
保持。ラストプレイに行った所、ブリュワーがナイスDで
レブロンからチャージングをゲット。CHIにチャンスが
回ってきましたが、ローズがボールを持ってシュートを
打ったものの届かずオーバータイムへ。
FTミスも痛かったですが、このシュートセレクションも
あまり良いとは思えませんでした。

オーバータイムはMIAが主導権を握り、逃げ切りに成功。
CHIは2連続TOが響いて後が無くなりました。

ヒートはベンチ陣に活躍が見られました。ここの所
目立っていたハスレムは2ポイントに終わりましたが、
マイク・ミラーが12pts、9reb、チャルマーズも9ptsと
スターターばかりが目立つヒートも層の厚みが見えました。
と言いたいところですが、今日コートに立ったのは8人。
オーバータイムに突入したのに8人のみとは疲労がたまりそうですね。

ブルズはローズ、デン、ブーザーの3人が20点オーバーだったものの、
ローズが7TOとアシストよりも1つ多く、オフェンスのリズムに
乗れず。FGも8-27と入らないのに打ちすぎでしたかね。

全部を見ていた訳ではないのですが、終盤のCHIのオフェンスは
ローズにボールを集めないと始まらない事が多く、MIAは
ディフェンスしやすかったのではないでしょうか。もちろん
ローズのドライブから派生するオフェンスというのは武器ですが、
もうちょっとパスを回しても良かったんじゃないかなと。
一人で27本は打ちすぎですね。3PTが1/9と外も入らず。

最近ローズのプレイスタイルがアイバーソンと
似てるのかなと感じます。もうちょっと周りを活かしても
いいんじゃないかな?と思うことが増えましたね。
彼の爆発力が発揮できればそれでもいいかもしれませんが。

MIA☆☆☆ 101 - 93 CHI
 CHI カルロス・ブーザー 20pts 11reb 3ast
 MIA レブロン・ジェームズ 35pts 6reb 6ast

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/923-36ebfa18
    この記事へのトラックバック


    New