パイレーツ・オブ・カリビアン4 生命の泉を観て来た

2011年06月09日 01:03

Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides を観てきました。
ガラガラだったので良い席で鑑賞。トイレに行ってたら
始まってたけど、先週のテレビ放送で冒頭部分を放送してくれていたので
特に問題はなく。例のビックリする場面にも間に合いました。

公式HPに載ってるものはネタバレとみなさずに書いて行きます。

今までのジャック・スパロウよりも若干ジョニー・デップ色が
強く感じたのは髪型がちょっと変わったからかな?
ヘクター・バルボッサのジェフリー・ラッシュも相変わらず
いい味を出してた。キーラ・ナイトレイよりペネロペ・クルスの方が
映画にも合っていた気がする。エリザベスはパイレーツ2,3では
「ウィルに鍛えられた」とか言って強くなりすぎてたから
設定もなにもあったもんじゃないと思っていたクチなので。
ジャック・スパロウヘクター・バルボッサアンジェリカ黒ひげ
で今作から登場のブラック・ビアード、黒ひげイアン・マクシェーン。
何か目の当たりがアンダーテイカーに似てるような気がして
そのキャラともばっちりでした。黒魔術の使い手との事ですが、
船を意のままにあやつる能力は装飾剣と、公式にも書いてありました。
なるほどなるほど。

ここからはネタバレを含む感想です。
まだ観てない方はご注意下さい。
さてさて。今回もバルボッサが大活躍でしたね。最高です。
パイレーツ3でもかなりクローズアップされた感がありましたが、
パイレーツ4では更に良いキャラというか役になっています。
お猿のジャックがそばにいないのは残念ですが、一応生存は
確認できてますからね。バルボッサは知りませんけど。

スペインの人達、王様に付いたバルボッサ、黒ひげとジャック、
3つのグループが生命の泉を目指す訳ですが、スペイン軍団は
最初と最後に絡んでくるだけで基本はジャック、黒ひげ、バルボッサ
という形になります。3つのグループと書きましたが
ジャックと黒ひげは仕方なくという感じですかね。

黒ひげメモ。
 黒魔術と装飾剣で船を自由に操り、縄を自在に操る術は脅威。
 船から炎も吐ける化け物。

それを踏まえてバルボッサから。
最初は王様に仕えてて化粧?もしててもしかしたらチョイ役なのかな?
と思ったりもしました。訳あって片足が義足になってしまっています。
生命の泉を目指す理由も王様の為ではなく義足を治すためかと
思いましたが、そうではありませんでした。

途中でジャックに明かしましたが、ブラックパールもろとも
黒ひげに襲われ足を縄に掴まれたので自ら足を切り落とした為
義足になったとのこと。足とパール号の恨みを晴らす為に
王様に付いて黒ひげを倒そうと目論む頭の良い盗賊。

バルボッサは気付いてないけど黒ひげは襲った船をボトルシップにして
保存。呪いを解けばまた元に戻る様ですね。そのボトルシップの中で
お猿のジャックも元気にやってました(笑)

途中でジャックと行動を共にする場面では相変わらず良いコンビ。
義足になった為、二人揃ってふらふら走ります。そして義足は
取り外すとお酒が入っているというおまけ付き。
捕まった時には仲良く分け合うなど、何とも良い感じの二人。

最後はきっちり片を付けて船と剣、船員を確保し、
船を自在に操るバルボッサ。最高ですね。

なんだかバルボッサでお腹いっぱいになってしまったので
個人的に好きな部分を箇条書き。

・ジャックとバルボッサが捕まった後、脱出を試みるジャックを
 見上げるバルボッサの顔。

・豚を抑えるギブスに対し「2足の方じゃないぞ」というジャック

・黒ひげとの取引後、自由になったギブスにコンパスを渡したジャック。
 これで自由だ好きにしろ、という事かと思いましたが、これが
 ラストに繋がっていたとは。黒ひげとジャック一行が去った後、
 ギブスはコンパスで目指したものはブラックパール号。
 アン王女の復習号にボトルシップとして保管されているパール号と
 その他たくさんの船をかっさらって行ったギブス。
 全てが終わった後にジャックと合流し、呪いを解いてパール号を
 復活させようという所で本編が終わり。実際にパール号が出て
 こなかったのが残念。

・エンディングロール後の映像は無人島に取り残された
 アンジェリカの元に辿り着いたジャックの人形。
 最後にジャックの悲鳴が聞こえて終わり、でも良かった気がします。

生命の泉を目指す各々の理由。

スペイン軍団 破壊
黒ひげ 自分の命の為
バルボッサ 興味無し
アンジェリカ 父親の為なのか自分の為なのか
ジャック 自分の終わりは知りたくない、永遠には興味が無い

まぁジャックはパイレーツ2か3でフライングダッチマンの船長になって
永遠に海を旅をするのも悪くないとも言っていましたが(笑)

2時間半くらいの映画でしたがあっという間でした。
特に中だるみもなく一気に突っ走って行った感じで面白かったです。
ジャックとバルボッサ、ジャックとギブスの関係が何とも素敵です。
パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉 オリジナル・サウンドトラック
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/949-72367c43
    この記事へのトラックバック


    New