Day55_NBAファイナル2011 ゲーム5【NBA】

2011年06月10日 14:23

勝った方が王手という非常に大切なNBAファイナル第5戦。
この後の2試合はマイアミで行われる為、マブスはなんとしても
勝っておきたい試合でした。

そのマブスが第4Q開始時点で84-79とリードしていましたが、
残り5分16秒にウェイドのナイスパスからハスレムがダンクを
決めて96-95と逆転されてしまいます。
更にノビツキーのショットが外れ、ウェイドが3PT。
一気に4点リードに成功したヒート。

しかし3分24秒にテリーが3PTを決めて100-100の同点。
またしても接戦で終盤を迎えることになりました。

レブロンのショットが外れた後、DALはノビツキーが
ゴール下に入っていってダンク。100-102。
続くMIAのオフェンスはレブロンのチャージングでTO。
お互いにオフェンスを失敗した後にキッドが3PTを
決めて100-105と5点リード。残りは1分26秒。

56秒にボッシュがFTを貰いましたが、2投目を外してしまい
101-105。3点差にできなかったのも厳しかったですが、
この後テリーがちょっと遠い位置から3PTを決めて
試合を決定付けてしまいました。
FinalsG5_1.png
ファールゲームを試みましたがキッドとテリーは
2投ずつ決めて逃げ切り。DALが3勝2敗で敵地マイアミに
乗り込むことになりました。

ここまであまり調子の良くなかったバレアが遂に爆発。
テリーもベンチから21ptsと層の厚さがようやく出ました。

一方のMIAはレブロンが17-10-10でトリプルダブル、
ボッシュも19-10でダブルダブル、ウェイドも23-8astと
活躍は見せていましたが、ウェイドは腰を痛めてロッカーへ
下がっている時間などもあり、レブロンが中心の時間が
多かったでしょうかね。ベンチからハスレムが10pts、チャルマーズも
15ptsと点は取っていますが、層の厚さ勝負ではDALに適わず。

やはりMIAはまだウェイドのチームですね。
MIA☆☆ 103 - 112 DAL☆☆☆
Heat FG.529 3PT.400 FT.808 36reb 25ast 16TO
 L.ジェームズ 17pts 10reb 10ast
 C.ボッシュ 19pts 10reb
 J.アンソニー 2pts
 D.ウェイド 23pts 8ast
 M.ビビー 2pts
  M.チャルマーズ 15pts 4reb

Mavericks FG.565 3PT.684 FT.778 26reb 23ast 11TO
 S.マリオン 8pts 4reb 3ast
 D.ノビツキー 29pts 6reb 3ast
 T.チャンドラー 13pts 7reb
 J.バレア 17pts 5ast
 J.キッド 13pts 6ast 3stl
  J.テリー 21pts 4reb 6ast

両チームともFGは5割越えとオフェンシブな試合になりましたが、
DALの3PTが13/19と非常に高確率でした。バレア4/5、
キッドとテリーが3/5と絶好調でしたね。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/951-9dc62397
    この記事へのトラックバック


    New