仮面山荘殺人事件 / 東野圭吾

2011年07月01日 15:45

久しぶりに東野圭吾の作品を読みました。
仮面山荘殺人事件
 8人の男女が集まる山荘に、逃亡中の銀行強盗が侵入した。
 外部との連絡を断たれた8人は脱出を試みるが、ことごとく失敗に終わる。
 恐怖と緊張が高まる中、ついに1人が殺される。だが状況から考えて、
 犯人は強盗たちではありえなかった。7人の男女は互いに疑心暗鬼にかられ、
 パニックに陥っていった……。

 
単行本として発売されたのが1990年ということで携帯電話が
登場しませんが、そんなに古くささを感じない小説でした。
ラストは見事にひっかかりました。お見事でした。

以下ネタバレ含む感想。
伸彦が外に飛び出して戻ってきた時、下条との嘘の解決を
計ったのかと思い、秘書すげーと思っていたらそうではなかった。
結局雪絵殺しの犯人は伸彦なのかと思っているとここから
状況が一変。真犯人がまさかの人物と発覚。
お~これは見事に引っかかったと思ったら更にもう一波乱。

これは想像できませんでした。
朋美の幼なじみの作家阿川桂子が何故ここにいるんだろうと
不思議でしたが、全員いないといけなかったのですね。

読後感スッキリといった類の話ではありませんでしたが、
騙されてスッキリ。ちょっと東野作品から遠ざかっていましたが
また読んでみようかと思える良作品でした。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/983-083e3347
    この記事へのトラックバック


    New