11-12シーズントップサラリー【NBA】

2011年07月05日 11:01

話題がなさ過ぎてつまらないので開催は未定ですが、
来期のサラリーを眺めてみました。

1. LAL コービー・ブライアント 2524万ドル
2. WAS ラシャード・ルイス 2215万ドル
3. SAS ティム・ダンカン 2130万ドル
4. BOS ケビン・ガーネット 2120万ドル
5. ORL ギルバート・アリーナス 1926万ドル
6. DAL ダーク・ノビツキー 1909万ドル
7. LAL パウ・ガソル 1871万ドル
8. NYK カーメロ・アンソニー 1852万ドル
9. NYK アマレ・スタウダマイヤー 1821万ドル
10. ATL ジョー・ジョンソン 1803万ドル

マイアミの3人は
15. レブロン・ジェームズ 1602万ドル
16. クリス・ボッシュ 1602万ドル
17. ドウェイン・ウェイド 1551万ドル
となっています。
ちなみにこの3人は15-16シーズンまで契約が残っており、
3人だけで6578万ドルとなります。
来期のサラリーが現段階でマイク・ミラーやハスレム、
チャルマーズを含めて13人所属で6531万ドル。
15-16シーズンまでにこの3人は解体されるかもしれませんね。

どの位の%を持って行くのか分かりませんが、
代理人も相当設けてますね。
関連記事


コメント

  1. ゆ~すけ | URL | -

    こう見るとやっぱルイス高いですね…
    師匠いなければリーグ1とか怖いな(^-^;

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > ゆ~すけさん

    高過ぎますね~びっくりです。
    ジョー・ジョンソンが10位だったことも意外でしたが、
    アリーナスも高いですね~

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/987-1e547b64
この記事へのトラックバック


New