Game42:vsニックス【NBA_Pacers】

2019年01月13日 16:53

5試合のロードトリップ最終戦はニックス戦。
ターナーは引き続き欠場でしたが、出だしからディフェンスが
引き締まり、オラディポもボヤンも気合いの入ったダンクが
飛び出しました。気づけば31−22で9点リードして第1Q終了。

しかし、第2Qに入るとニックスが息を吹き返し、
コーネット、ヴォンレーに3PTを決められ、THJに連続3PTを
決められ逆転されました。ペイサーズが再び逆転したものの、
ノックスの3PTで残り2分13秒で52−52の同点となります。

するとここからINDにいきなりスイッチが入りました。
Thadとドマスが2点ずつ決めると、オラディポが2連続3PTを決め、
さらにボヤンがリバウンドから一人で走り、ダンクを決めて
12連続得点。最高の形で前半を締めました。

後半の立ち上がりも悪くありませんでしたが、
NYKはムディエイやドットソンの活躍があり、一気に突き放すことができず。

結局第4Qもスターターを戻さないと安全圏まで持っていくことができず、
サムナーやアルゼイ、アーロンたちは残り2分になるまで
試合に出ることができませんでした。

せっかくならもっと長い時間使ってみてほしいところ。
アルゼイはBリーグでのリバウンド能力がNBAでも通用するのか
試してほしいので、セカンドユニットに混ぜて試してみたり
してほしいです。

リーフが17分出場で6点でしたが、プットバックだったり
リバウンドで良い場所にいることが多いので彼が普通に
出られる様になってくると面白くなりそうです。

ドマスがFG 9/14で22pts、15reb、3astの活躍。
前回のMSGでの対戦でもFG 12/12で30pts、9reb、3astと
真ニックスキラーとも呼べそうな動きを見せていて
今後が楽しみです。

IND 121 - 106 NYK

ぼやぁぁぁぁんチャレンジ-Bojaaaaan Challenge-【NBA_Pacers】

2019年01月11日 10:41

1st Bojaaaaan


2nd Bojaaaaan


3rd Bojaaaaan


Game41:vsセルティックス【NBA_Pacers】

2019年01月10日 12:08

連日試合で今日はセルティックスと対戦。
前回はオラディポの劇的3PT勝利だった為、
BOSとBOSファンはリベンジに燃えていたかと思います。

試合早々テイタム無双で、第1Qで試合が決まるかと思いましたが、
何とか踏ん張ってくれました。オラディポがリバウンド争いで押されても
笛が吹かれず、少しイライラ、そしてボーギーもレイアップにいった所で
ファウルを吹いて貰えずにイライラしてテクニカルを取られました。

笛どうこうよりも、相手にイージーバスケットを許してしまう
ディフェンスしか出来なかった為、ジワジワ点差を広げられていきます。
前半は一桁差で終えたい所でしたが、ボーギーとオラディポが
二人で4連続FTミスで自ら厳しい状況を作っていってしまいました。

第3Qに入り、BOSがたたみかけようとしますが、
一度は少し踏ん張ったIND。しかし、耐えきれず崩壊。
第4Qはもう少し早くアーロンやサムナー、アルゼイを出してあげても
良い気がしました。怪我人が一人出ただけで、チームディフェンスが
これほど狂うのですから、早めに切り替える事も必要かと思います。
もう少し柔軟にメンバーチェンジをお願いしたいです。

2試合連続で0ブロックと、どこまでターナー便りのディフェンスをしていたのか。
出だしからオフェンスリバウンドを取られて失点をし、
相手にペースを掴まれてしまったのも改善したい点ですね。

IND 108 - 135 BOS

Game40:vsキャヴァリアーズ【NBA_Pacers】

2019年01月09日 13:52

今日はキャヴスとの試合がありました。

試合前情報ではターナーが右肩の痛みで欠場、
DCとジョセフの両PGがそれぞれ右足の痛み、右手親指打撲で
欠場の可能性があるとの事で、サムナーとアルゼイが
呼ばれていましたが、二人とも出場できました。

攻めてはボーギー、守ってはDCの4スティールと
完璧な内容で38-16のスタートダッシュを切ったペイサーズ。

3Q途中まではターンオーバー数も3-11と優位に立ち、
FGを15本多く打ち、その内14本を決めるという
圧倒的な展開に持って行くことが出来ていました。

しかし、気持ちに余裕が出来すぎたせいか、じわりじわりと
点数を詰められていき、最終的に逃げ切ることができたのですが、
サムナーやアーロン、アルゼイをプレイさせる事が出来ず。

あんな酷い立ち上がりだったのに、復活してきたCLEを
褒めるべきかもしれません。昨年33点を取られた
ジョーダン・クラークソンにはベンチから26点を取られました。

INDがぱっとしなかったのは事実ですが、そんな中でも
第3Qに3PTを決められると必ず仕返しを決めたThad、
3PTが3/3、FGも11/14と好調で26ptsでした。

DCがTO0の8pts、9ast、4stl。
ボーギーが23pts、オラディポが17pts、5ast、
ドマスが15pts、9rebでチームトータルでFG.538でした。

しかしターナーがいなかった影響もあり、ブロックが0に終わっています。

久しぶりにまとまった時間(と言っても12分ですが)に出たリーフは9ts、4reb。
出場できるか微妙だったジョセフは11pts、6ast。

前回の対戦の様に悲劇のような敗戦は免れましたが、
クロージングに向かうまでが少したるんでしまったかもしれません。

次は前回勝ってしまっているBOS戦。
アウェイでの連戦が続きますが、ターナーが不在のままだと
ちょっと厳しいかもしれません。
無理をする必要はないですが、はやく戻ってきて欲しいです。

IND 123 - 115 CLE



New