Game11-ADとカズンズンズンズンズン【NBA_Pacers】

2017年11月08日 11:56

ADとカズンズを相手にするのにドマスがふくらはぎの負傷で欠場。
日替わりで故障者が出てきてなにやら嫌な感じ。
シクサーズ戦で足首を捻ったリーフはこの試合から復帰。

アンソニー・デイヴィス
41min 37pts 14reb 4ast 2blk

デマーカス・カズンズ
38min 32pts 13reb 6ast 2blk

マイルズ・ターナー
35min 21pts 12reb 3blk

ターナーとドマスでこの二人みたいになろう。

ランスが久しぶりに躍動的だったのは好材料。
28分で14pts、9reb。

最後リバウンド取れればもう一波乱起こせたかもしれないだけに
基本的な所はしっかりやって貰いたい所。

IND 112 - 117 NOP

Game10-ポルポルポルポル【NBA_Pacers】

2017年11月06日 16:26

途中まで勝ち試合と思っていただけに敗戦のショックはそれなりに大きいです。

あの大きさで走り回ってブロックも3PTも決められるポルジンギスを
褒めるべきでしょう。40pts、8reb、6blkでした。

この試合からスターターへ戻ったターナーでしたが、ファウルトラブルで
早々にドマスと交代。38分出たポルジンギスに対し24分ではちょっと
物足りないですね。15pt、4reb、1blkと完敗です。
この二人はIND-NYKということもありますし、ドラフト同年のライバルとして
長きに渡って切磋琢磨してもらいたいものです。

オラディポには最後再逆転してスパイク・リーをがっかりさせたかったですが、
毎試合都合良くクラッチが決まるわけもなく。17pts、5reb、3astと
数字はそれなりですが、君ならもっと決められるはず。
次に期待。

ドマスはダブルダブルこそ逃したものの、29分出場して
16pts、8reb、3ast。安定感ありますね。

次はまたビッグマンの強いペリカンズ戦です。

IND 101 - 108 NYK

Game9-ベン・シモンズの凄みを知ったシクサーズ戦【NBA_Pacers】

2017年11月04日 20:29

今日からマイルズ・ターナーが復帰しましたが、ベンチスタート。
ドマスが引き続きスターターとして出場しましたが、
この層の厚さは今後の強みとなりそうです。

結果的にドマスはファウルトラブルで思う存分プレイできず、
ターナーはFGは4/14でしたが、復帰戦としてはまずまずの
11pts、9reb、3blk。ツインタワーとしても見てみたいですが、
交互に出てくる事で相手へのダメージは大きいかもしれません。

DCはレフリーに笛を吹いてもらえず、突っ込み損で終わる事が多く、
リーフもファストブレイクで足を捻ってた以上。ジョセフ(ヤング)も
エンビードにアタックを食らった後出てきませんでしたが大丈夫だったでしょうか。

全体的に笛に恵まれない事が多かった様に感じましたが、
23Mのレディックにはやられました。ステフ並の決め方でしたね。
エンビードはゴール下に入られたら太刀打ちできませんでしたが、
18pts、9rebなら結構抑えた方じゃないですかね。

シクサーズには最初から気持ちよく3PTを打たせ続けてしまったことと、
シモンズのミスマッチを付いたオフェンスやらパスの派生で
うまいことやられ、14pts、11reb、11astとトリプルダブルを
食らいました。

負けたものの、クラッチタイムはオラディポという共通認識が
早くも生まれているのは良いですね。
チーム構築にはもうちょっと時間がかかると思いましたが、
思ったより早くチームの方向性が見いだせそうです。

ここらへんは一気にロスターをいじったKPの思惑通りなのでしょうか。
KP恐るべし。
IND 110 - 121 PHI

Game8-連戦でキャヴス戦【NBA_Pacers】

2017年11月03日 04:35

終盤の強豪チームのような試合の締め方にビックリ。
作戦:レブロンで3点差に詰められた時は逆転を覚悟しましたが、
またしてもクラッチタイムにオラディポがやってくれました。

DCは前回所属時よりもあきらかに成長してるし、
ボヤンはレブロンにマッチアップしながらも
17点としっかり自分の仕事をこなし、
ドマスは安定のダブルダブル。(15pts、12reb、6ast)

今シーズンステップバックジャンパーが好調のサドやんも
たまにレブロンにマッチアップしながら、12/18で26pts、6reb。

前半得点が伸びず、こんな日があっても仕方が無いと
思っていたら大事な所で3PTにレイアップと決めまくるオラディポ。
ドマスとのピック&ロールの相性もバッチリ。

チームアシスト35というバランスの良さ。
ターナーが復帰すると、ベンチからドマスという相手にとって
休む暇のないフロントコートコンビとなります。

ターナーのファウルトラブルも怖くないですね。
スターターで二人を並べるのも良いと思っていましたが、
サドやんの今シーズンの貢献ははかりしれません。

ベンチからランス-ドマスを組ませることで
ランスの復調があるかもしれません。

今シーズンチームに加わったみんなが活躍してくれているのは
嬉しい限り。特にCoJoの加入はチームにとってもかなりプラスの
様な気がしています。再契約難しいと思いますが、KP頑張って下さい。
IND 124 - 107 CLE


New